気功が仮に信仰だとすれば、それを否定する理由はないと思うけど? どう思いますか?

気功が仮に信仰だとすれば、それを否定する理由はないと思うけど? どう思いますか? 自分が気に入らないものはとりま否定するという人はいるので、仕方がないかと思いますが。 私は、無条件に肯定しているってわけでもないですが。

補足

超能力やUFOも信仰と捉えるのなら、否定するのは野暮なこと。 当然、幽霊や死後の世界も、個々人や団体の信仰の話。 あと、一部の人たちは科学の盲目的な信者もいるので、科学も一部の人達にとって信仰と言える。 私はその全てに対して、無条件に肯定しているわけではない。

ベストアンサー

0

あまり信仰について言う気はないのですが リクエストがあったので回答します 信仰というのは神や仏など神聖なものに対して行うことですので 気功自体に対する信仰というのは全くありえないことです それは単に信じているというだけです 例えば海が割れて渡ったとか 神に対する信仰があったとしても それを信じるかどうかはまた別の話です 神への信仰があっても信じないひとも多いでしょう UFOや超能力もそれ自体に対して 信仰しているわけではないと思います 科学に対して妄信する人もいますが そういう人は科学者ではないですね 科学はむしろ否定の末にやっと残された わずかな残渣みたいなものです 信仰とは真逆のものです だからこそ価値があるし信頼できるのです どうしても気功を信仰だとしたいなら 妖怪信仰とかドラえもん信仰、ゴジラ信仰とかもありえます 馬鹿馬鹿しいので、もう勝手に信仰すればいいのではと思いますが それを実際にはいないと否定するのも自由だと思います

気功は中国の文化であり、宗教や信仰根幹だと言うのが、多くの人の認識。 言葉の定義のみで考えすぎ。 その前提が一般的でないものは理解し難い。 異端的宗教観、つまりはカルト。 と返されても仕方無し。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

広義の信仰と言ってもいいのではないか?という話なんだが。 気功は中国の文化。意味も分からずアンチ中国の人も多いので、そういうことなのか。 自分たちの文化のみが正しく、他を否定するのは、どうかと多くの人が思っている。 回答はありがとうです。

お礼日時:10/1 20:57

その他の回答(2件)

0

信仰の力 仏神に対して謙虚な自分を見いだした人は、他の人に対して短気を起こせません。「自分のような人間でさえ、生かしていただいている。こんな至らない自分でさえ、生かしていただいている」と思うと、他の人に対して、厳しいことがなかなか言えなくなってくるのです。 『幸福へのヒント』 P.212より

1

人体の気の流れはあると思うし、 気をコントロールする術はあると思います。 武道は気を重視します。 中国4000年の歴史はだてではない。 笑

1人がナイス!しています