かつて、作家の夏樹静子さんが、突然激しく腰が痛み、3年後、心療内科を受診したら、心身症と診断されました。そして、絶食療法によって、元に戻りました。

かつて、作家の夏樹静子さんが、突然激しく腰が痛み、3年後、心療内科を受診したら、心身症と診断されました。そして、絶食療法によって、元に戻りました。 ぼくは、混乱します。ナゼ、整体、指圧、気功、さらには、祈祷、なにをやっても、だめなのに、2週間なにも食べないことが、痛みを治すことに、どう関わってくるんでしょう? 腰、という個所には、原因不明で起こることがよくあるそうです。とすれば、腰だけ、有効なんしょうがない? ぼくは、2年半ほど、膝の裏 が、まるで鉄の鎖をはめられてるみたいに、ガチゴチに硬く、重くなります。そして、立ち上がると、ピーンとつっぱります。なにを、試してみても、ダメです。どこで診てもらっても、悪いところは見つかりません。 もし、カウンセリングを受けて、絶食療法を取り入れてみるなら、コリと痛みは、薄らいでくれるでしょうか?

病気、症状30閲覧

ベストアンサー

0

人間の体は、脳も含めた神経によって心身は影響し合っています。 心身に詳しく、心療整形外科というタイトルでブログをしている医師 夏樹さんの回復例についても言及している記事 https://junk2004.exblog.jp/24650618/ https://junk2004.exblog.jp/3349850/ 慢性痛についての記事 https://junk2004.exblog.jp/27005184/ ・・・・ わかりやすく言えば、続く痛み等は筋と脳のコラボであり どちらからの治療が反応がいいか、両方か、など人それぞれだそうです。 本来は、心療内科(メンタル科)、整形外科、ペインクリニック等が連携してみるべき病といいます。 ・・・・・・ 参考 上記医師が名誉顧問を務める非営利団体、情報サイト トリガーポイント研究所http://trigger110.net/ 日本整形内科学研究会 一般向け説明記事 抜粋 https://www.jnos.or.jp/for_public 筋膜性疼痛症候群,MPSとは? いわゆる「筋のコリ」による症状をきたす、世界中で一般的な病気です。 ~。お医者さんでもMPSの存在を知らない人はまだたくさんいます。(Q3 参照) ~筋への過剰な負荷は、いわゆる「筋肉痛」として生じ、数日程度で回復をします。 しかし、負荷が繰り返したり、寒冷にさらされたり、血行の悪い状態が続いたりすると、筋が短期間では回復できなくなります。 この状態が筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。 ~ 従来、症状があるのにレントゲンやMRIでは異常なしと言われた経験はありませんか? もしかしたら筋膜性疼痛症候群(MPS)の可能性があるかもしれません。 この病気は全身のあらゆるFascia(筋膜、靭帯、腱などの組織の総称)の異常で起きる可能性があります 治療法の説明 抜粋 直接法と間接法のうち、間接法について 間接法(例:リラクゼーション・認知療法、ある種の鍼・徒手) 病変部を直接治療せずとも、病変部に影響するFasciaや関連組織を十分にリラックス(リラクゼーション)させることで、病変部から生じる痛みを緩和することもできます。これを間接法といいます。 ある種のリラクゼーション・テクニックを使った徒手治療や、経絡鍼治療(ツボへの治療)なども含みます。 また、認知療法としての不安の除去による効果は、全身の緊張緩和、あるいは病変部からの痛み刺激の脳の感じ方に影響し、症状緩和に寄与します。

先の回答の方が筋のこわばり等と書かれたわかりやすい説明がありますが、それをもう少し詳しくしたのが上記の記事の内容です。 ですので膝裏にも同じことは言えるかもしれません。 筋の異常に詳しい上記のリンク先に最寄りがあれば、そちらでそうかどうかも含め改めてみてもらうのも1つです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 お聞かせ願い。不安とは、怒り 、とイコールになることが、ありますか? 怒りを鎮めること、すなわち、不安の除去につながるでしょうか? また、血流が良くなれば、心身症的症状を緩和するでしょうか? 現在、東洋医学的病院に通っています。怒りを和らげる、また、血を作り、増やし、血流が良くなる、生薬を飲み続けています。 治療法として、適切でしょうか?

お礼日時:9/28 8:51

その他の回答(1件)

0

うーん 私は、絶食療法にはなにも詳しくありませんが… 季節の変わり目や、ストレスなどにより、全身の筋肉がこわばったり、冷えなどで血流が滞ると、胃が悪くなります。胃が悪くなると、さらに痛みにより筋肉がこわばり、こうすると姿勢も微妙に悪くなってきて、腰に負担がかかり、腰が痛くなります。 そして、頭痛、不眠、などなど ありとあらゆる不調に悩まされたりします。 絶食を行うことにより、こういった筋肉のこわばり等の不調が改善されたのかもしれません。