江戸時代までは大飢饉の時は地方では仕方なく人肉を食べていたらしいですが、北朝鮮や中国の地方では犬や猫同様、人肉を今も食べているのですか?

江戸時代までは大飢饉の時は地方では仕方なく人肉を食べていたらしいですが、北朝鮮や中国の地方では犬や猫同様、人肉を今も食べているのですか?

補足

社会主義や共産主義では人はモノ扱い?北朝鮮ではミンチにして?恐ろしい。

日本史 | 国際情勢87閲覧

ベストアンサー

2

戦前の中国東北部では 馬族等が捕らえられ 街頭で斬首刑にする時に 前に饅頭を置き 噴出する血を浴びせた物を 皆が争って持ち帰り 病気の人に食わせたりしてました。 戦後 国共内戦の際 国府支配地域から 共産軍支配地域に民衆が逃げようとしても 門が閉じられ かといって元には戻れず 飢餓状態が発生するなか ある集団は 弱った人間に目を付け 取り囲み タイミングを見計らい 殺害して 身ぐるみを剥ぎ バラバラに解体して 鍋で煮て食ってた話が 山崎豊子さんの「大地の子」に書かれてましたね。

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/27 19:12

その他の回答(6件)

1

日本でも人肉食の習慣は 昭和の頃までは散見できますね 戦時中は多発していますし、 パリ人肉食事件は有名です また、犬猫は 皮を剥いで、三味線や太鼓に 肉は食されていました

1人がナイス!しています

1

日本のジヤーナリズムや進歩的文化人が褒め称えたX国の文化大革命では紅衛兵はぶち殺した犠牲者の死体を食べて英雄的行為と褒められました

1人がナイス!しています

1

古代中国では、客人をもてなす最大の術は、自分の子共、妻を殺してその肉を提供することです。 三国志でも妻を殺して妻の肉を提供する場面があります。 人肉は、ごちそうですよ。 重罪の死刑囚は、生きたまま肉をそぎ落とし、売ったということです。 そういう国ですよ。 椅子と机以外は何でも食べる国です。 なので、コロナなどの伝染病が発生するのですよ。

1人がナイス!しています

1

飢饉や戦争、処刑した味方を食べる文化は中国の一部で、現在でも続いています。この文化は朝鮮半島にだけ伝わり、現在でも受け継がれています

1人がナイス!しています