遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。

遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。 ============================ 質問です。 公正証書遺言を被相続人の住む市役所に持参し死後の手続きを行い後日 『○○ ××様・他5名 様 固定資産税・都市計画税 納税通知書』が 届くと思いますが、他5名の相続人に この通知書を閲覧させたとします。 その日から 上記二行の【知った時、、、】と なるのでしょうか? 宜しくお願いします。

法律相談23閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ならない。 「知った時」は、主観的起算日と言われますが、あくまで主観です。 事実を通知されても、主観的には認識されない事もあり得ます。本人が知らなかったと言えば、知った事にはなりません。

四十九日法要 会食中に相続者全員に『○○ ××様・他5名 様 固定資産税・都市計画税 納税通知書』の閲覧したとしても【知った時、、、】とならないのですか? 返信いただければ幸いです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答及び 返信ありがとうございました。 委細承知いたしました。 他にも知らない事柄が沢山あります、今後ともよろしくお願いいたします

お礼日時:9/29 8:16

その他の回答(1件)

0

ならない。 1,遺言書の内容を相手に知らせる。 2,相続財産があり、遺留分を侵害している事がわかる事が必要。 1,遺言書が、全財産をAに相続させる。 2,土地建物が死亡者の名義である事を、前から知っていた。 この場合は、遺留分侵害しているのが明らかなので、遺言の開示から進行する。

相続人(兄弟姉妹)は農家生まれなので不動産(負動産)があるのは百も承知です。  四十九日法要 会食中に相続者全員に『○○ ××様・他5名 様 固定資産税・都市計画税 納税通知書』の閲覧したとしても【知った時、、、】とならないのですか? 返信いただければ幸いです。