昨年のちょうど今ごろ、11月7日のWBSSバンタム級決勝井上尚弥VSノニートドネア戦での予想で、

昨年のちょうど今ごろ、11月7日のWBSSバンタム級決勝井上尚弥VSノニートドネア戦での予想で、 大半の予想が井上が序盤か中盤ありでKOかTKOで圧勝するという予想でしたが、実際の試合結果は井上尚弥3-0の判定勝利で一応井上尚弥が勝つと言う予想は当たっていましたが、試合展開や内容は全く予想外でした。来たる、10月31日の井上尚弥VSモロニー戦も我々が予想する試合展開や結果になり得る可能性はどれくらいだと想像しますでしょうか?モロニーが周りが想像している以上の想像を超える死に物狂いの練習で超ビックリパフォーマンスをだして井上を手玉にとって負かすほどのボクシングスキルがあるのか?ドネアは見えない角度から打ってくる左フックで井上に致命的に近いダメージを与えたが、今現在のモロニーの場合はドネアのような井上を脅かすような武器はあるでしょうか?ドネアとモロニーとで、最高の仕上がりをしてきた場合、どう違うのか?

ボクシング15閲覧

ベストアンサー

0

あの日のドネアは井上対策を十分に研究して過去の経験も交えながら万全の状態に仕上げて来てましたね やはりフェザー級まで制したキャリアから井上のパワーに驚くこともなく冷静に序盤を切ることが出来たと思います 2ラウンド目に井上の瞼を流血させたのもドネアの長年にわたる試合経験があってこそ出来たことやね モロニーはドネアに比べると非力なところは否定出来ず、またドネアみたいにバンタムより重い階級で戦ったこともないから同じようには行かないと思います 井上のスピードとパワーに着いて行けず思うような戦いは出来ないんじゃないかな 圧倒的なフィジカルの差を埋めるだけのスキルがモロニーにあるとは思えず、早い回で井上がKOすると予想しています

その他の回答(1件)

0

一応左ボディーは当たれば武器になりますけど遅すぎます、パワーもあまりありません勝てる要素はありません。井上尚弥からみたら六回戦レベルだと思います。