すれ違い用前照灯の明るさについて

すれ違い用前照灯の明るさについて 先日車検をうけたのですが、記録簿に記載されていりライトの明るさが70cd×100となっていました。 64bd×100を超えていれば車検自体は問題ないとの事ですが、最近夜に走ると何となく暗いと思っておりました。 純正のHIDを使ってこの数値は正常なのでしょうか? それとも劣化等で暗くなってるんでしょうか?

ベストアンサー

1

恐らく劣化により暗くなっている。 劣化と言っても様々あり、HIDの場合はバーナーの劣化やプロジェクターのレンズ汚れやリフレクター汚れ、ヘッドライトレンズ内外の汚れや劣化。 あくまでも参考程度ですが、純正ハロゲンで100~150cd、ハロゲンのホワイト系着色バルブが45~50cd、LEDコンバーションで200cd超。 HIDはどのくらいだったか記憶がありませんが、70cdは低いですね。 あくまでも可能性として社外の色温度を上げているなら納得の光度、変更していないならバーナーの劣化では。 色温度と光度は反比例の部分で、オレンジ付近(純正バルブやバーナー)が比較的光度は高いですが、色温度を上げると光度が落ちるため見た目は明るくとも視認性も低下。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

数値的にはクリアできていても、時が経てば当然劣化はしますし、「明るさ感」は、数値だけでなく発光色(色温度)や配光パターンにもよりますから、一概にはどれが原因で「暗いと感じる」かは判りませんが。 一般的に普通電球よりHIDのほうが明るさ感はありますが、 原理的にHIDバルブは紫外線も発しますので、そのせいでレンズの曇りや変色もあります。 ケースバイケースで、主な原因を見つけてそこを改善すれば、随分と違った感じにはなるでしょうね。