生ゴミをぼかし肥料や発酵促進剤で発酵させたのと、自然に放置して土にしたのは肥料として差があるのでしょうか?

生ゴミをぼかし肥料や発酵促進剤で発酵させたのと、自然に放置して土にしたのは肥料として差があるのでしょうか?

ベストアンサー

0

生ごみなどをボカシにして使うのと自然に放置して土になってから使うのでは大きな差が有ります。 土作りの大きな目的は土壌中の微生物の種類と数を増やし土を団粒構造にし通気性と保水性を向上させるためです。それには様々な微生物の餌になる物を入れなければなりません。なのでボカシは1次発酵しか終わっていない(半熟)ので生ごみの形が残った状態です。この半熟状態はミミズなど多くの微生物の餌に成りますが、土になった状態の完熟では余り微生物の餌が残っていません。 確かに完熟堆肥は肥料効果はボカシに比べて即効性では有りますが、土壌の物理性を改善する効果は弱いのです。

確かに普段から畝間などにばら撒いていると百姓爺さんの御説の通りですが、それはそれに対応できるだけの微生物が生息しているからです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

イヤーー大変疑問に思っていたことを、答えていただいて助かります。微生物が大切ですね。

お礼日時:10/1 11:21

その他の回答(2件)

0

自然に放置すると、効きはじめるのが遅いね。 発酵させる程度にもよるけど、ボカシ程度なら、微生物を飼う効果は自然放置と同じくらいじゃないかな。自分も草マルチが主体で、ボカすのが面倒だから、あんまりしないけど。

0

私は発酵促進剤を使った事は全く有りません。畝間に毎日野菜クズを数十キロをばら撒いてますが数日で腐ります。 発酵促進剤を施す理由が私には理解できませんねえ。