回答受付が終了しました

船のスパンカーについてですが、32尺2.5トン程のブラケット船に乗っています。 ヤマハDYと似たタイプの船です。

船のスパンカーについてですが、32尺2.5トン程のブラケット船に乗っています。 ヤマハDYと似たタイプの船です。 現在スパンカーがついています、ですが沖での停船時スパンカーを張っていても船が横を向いてしまいます。 現在搭載しているスパンカーは船のサイズに対して小さいようです。(サイトで調べた) 規定のサイズにすれば風に立つことができるでしょうか? そもそもスパンカーを着けていても操船しないと船は風に立たないのでしょうか? 現在の状態では流されるのは別として常に操船しないと横になってしまいます。 詳しい方宜しくお願いします。

回答(3件)

0

スパンカーの理屈は帆に風を受け、風上に船首を向けやすくなるという構造ですが、もし海面下に出っ張っているプロペラ類が船首にあって(ミンコタみたいに)、スパンカーが後方にあれば、例えば微速前進させなくても船位を風上に向かって保持出来ます。しかしプロペラ類がスパンカーと同じ後方にあるので、微速で前進しなければ保持出来ませんし、あるいはバウ側にも抵抗板であるバウキールがないと保持出来ません。この場合でも前進を停止させると横を向きます。また微速前進の無い船はクラッチの入り・切りを頻繁に繰り返さないといけなくなります(風の強い日は逆に簡単になる)。 質問から推測すると古い艇でバウキールが無いのではないでしょうか?。なければいくら大きなスパンカーにしても効果はかわりません。それは雪道で、FF車はケツを振りながらでも登っていくのに、FR車は一気にスピンしてしまうのと同じ理屈です。ミンコタがバウにある理由は単にスターンに付けにくいという理由では無く、前から引っ張れば海中にある抵抗物の関係で上手く行きやすいからです。そう風見鶏の回転軸は中心に有り、風を受ける尻尾は後にあるのと同じ理屈で、海中での抵抗は帆よりも前が理想です。 スパンカーの効きが悪くて困っているのでしたら、バウの下部にキールを増設するか、バウキールの付いた最新式の船に乗り換えるかです。 自艇では、せっかくスパンカーも微速装置もあるのに効きが悪いため、解消する方法としてバウキールの増設をしました。 マイHPに載せています。 http://new-atom.boy.jp/ 左メニュー上の方のバウキール(下あご)増設工事コーナーです。

画像
0

経験から言いますと、スパンカーを大きくすればその分、風を受けるので船が風に立ちやすくなります。 しかし、船のエンジン搭載の位置が船の後方にあると後ろ側が重いため(前がやや浮くような感じ)、風を受けると後方を軸として流されるような格好になって風下に船が向こうとします。そこにスパンカーが効いてしまい、風に対して船が横向きになります。 ですので、もっと船の重量がありエンジンが船の中心付近にある他の漁船等と比較すると船の動きが違ってきてしまいます。(漁船の中にも後方が重く、横を向いてしまう船がありますが、船首に横向きのスクリューが付いており、それで船の向きを調整している場合もあります) 質問者様の場合で想像致しますと、やはり船の重心が後方にあるかと思われますので、風に対して完全に船を立てるなら常に操船が必要になってしまうものと思います。スパンカーを大きくすれば、横を向く程度は軽減されると思いますが、強風や突風が吹いた時に船が軽い分、大きく傾くリスクは増えるかと思います。