ID非公開

2020/10/4 0:07

44回答

パーカスに自信がないです。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

まず、褒められたいという動機はわかるし、褒められないどころか指摘受けちゃった残念な気持ちもわかります。 ですが、ずれていたのはわかっていたのに、なぜ褒められると思っていたのかが不思議です。 どんな人がうまいのかそうじゃないのかわからないっていうのも、質問者さん、わかっているようですよ。上手い人はずれません。 あと、時間があってもなくても初心者の面倒を見るなら、普通に教則本を進めればいいと思います。 自分のところは、20~35分ほど基礎練習(一つ打ち、二つ打ち、パラディドル4種)をやってから、各自が進めている教則本や練習曲集でした。初心者は全音の黄色い本。そうじゃない人はスティックコントロール、小太鼓100曲集、NARD American Drumers、オーケストラスタディなどを進めていました。鍵盤打楽器の空きを見て交代でスケールと分散和音を全調でやったりはします。 私が1年の時は3年の先輩がスティックコントロールにはまっていましたね。ストイックですがたしかに面白い。 ここまで1時間~1時間半。 曲の練習は難しいところをさらっておくくらい。めったにしません。基礎練習と教則本やってたらたいていのことは初見で対応できちゃうので。 他の先輩方も言われているように打楽器は楽器が無くても練習可能です。特にリズム感やタイムキープなんてものは楽器なんてそもそも不要だと思います。 とりあえず、まず自分に問題があることを自覚できることがうまくなるために必要な能力なのですが、それが分かっているようなので練習さえすればうまくなると思います。 頑張ってください。

1

>辛口なコメントお願いします 褒められたいという気持ちはよく分かります。行動原理なんて単純なもんで構わないですからね。ただ褒められるための努力を惜しんでいるというか、出来る事がまだまだあるように思います。野心が足りない。弱い。 練習にどれだけ費やせるかって所は人それぞれでしょうけど、「部活動の中だけで」上達しようってのはちょっと欲張りです。上達したいんならとにかく練習時間を作らなきゃなりません。その辺打楽器なんて管楽器よりお得です。やろうと思えばどこででも何も無くても練習出来ます。 もちろん楽器を使ったトレーニングは部活内でしか出来ない事が多いかもしれませんが、家用に持ち歩けるサイズの練習台を買ったり作ったり、スティックが無くても例えば「コンガの練習」とでも思って素手で足なり机なり叩いたりして基礎パターンのお勉強。そんな事ならお風呂でもトイレでも通学中歩きながらでも練習出来る訳です。 信号待ちで曲がかかるならそれに合わせてドラムフレーズを口ずさむ。歯磨きしてても「今BPM○○の16分シャカシャカ、からの6連符シャカシャカシャカ」などと考えて実行してみる。スマホ持ってるなら無料のクリック(アプリ)でも使えば良い。それすら出来ない状況や時間帯でも、例えばスポーツ科学の見地から体の使い方を学んでみたり、打楽器奏者の動画を見たりブログを読んだり音楽(楽典)的な勉強をすれば良い。意識すれば日常生活のほとんどは練習時間に変えられる。 ドラムの練習なら自宅で練習台を使ったり雑誌を重ねたりでそれっぽくつくってみたりする。エアドラムでも良い(仕方ない)。貧乏ドラマーなら大体やってる。吹奏楽部員だろうが時間とお金を用意すればスタジオに入る事も出来る。放課後に1時間でも良い。1時間なら安い所だと500円。 そんな感じ、あなたにとって今の練習状況は「出来る事をやり尽くしてる」と胸張って言えますか? 部活の時間が1時間しかないからなんてのは言い訳にもなりません。時間は自分で作ってください。上手くなりたいなら。 ただ、闇雲に練習してても効率が良いとは言えません。 >パーカスの上手いと下手でどういう風に違うかとか シンプルに言えば、上手い人はみんな「綺麗」です。下手な人に「綺麗」な人はいません。顔とか服の話じゃないですよ。体の使い方や出て来る音が綺麗で、その綺麗さには意味や理由がちゃんとあります。 綺麗になるためには「正しく練習」しにゃなりません。一番良いのは1人でもやもやしてないで打楽器講師のレッスンを受ける事です。上手くなりたいなら無理してでもレッスン受けてください。闇雲に練習量を増やすのが正解ではないです。

1人がナイス!しています

0

上手いか下手かではなくて、自分がすべきだと思っていること(練習その他)をやれているなら堂々としてればいいと思いますよ。 やれていますか? なんとなく文面から察するに、やれてないような気がします。クラリネットになれなかった悔しさがまだ残っていて、でもいつまでもそんなこと言ってられないということは自分でもよくわかっていて、でもでもやっぱりどこか気持ちを切り替えられなくて・・・。と、そんなことを悶々と考えながらやっているから心から音楽や自分の楽器に取り組めてないんじゃないでしょうか。 自信がないのは、好きじゃないからです。好きなら、出来なかろうがダメ出しされようが『今に見てろ』と思えるはず。そういうエネルギーがわいてこないから、不安で不安で仕方ないんだと思いますよ。 自分次第です。 このまま気持ちを引きずるもよし、切り替えて本気で取り組むのもよし。その他、どうするかはあなた次第。そして、やろうと思えばなんだってやれますよ。ただ、自分の本当の気持ちにふたをしてしまっては、恐らく何をやってもうまくいかないと思います。