クラリネットでハーフタンギングは出来ますか?また出来たとしてハーフタンギングを曲で使うことは出来ますか?

吹奏楽 | 楽器全般24閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

こんにちは >クラリネットでハーフタンギングは出来ますか?また出来たとしてハーフタンギングを曲で使うことは出来ますか? クラリネットってハッキリしたアタックがなかなか難しい楽器で、初心者の内はほとんどハーフタンギング気味でアタック時に音頭(おとあたま)が遅れて縦線が合わないものです(;_;) そういう意味では、初心者はみなハーフタンギングしてると言えるかも知れません。 逆に本当のアタックを聴いたことありますか?(^^; 何も音無い静寂の中にクラリネットの音色の美しい玉のような音がポッと生まれる瞬間を(^^) そんな機会(専門家のリサイタルとかコンサート)を得られると、この質問は解消すると思うのですけどm(__)m P.S. 指揮者の方に指導を受けたことを振り返ってみると、発音を「もっとハッキリ!」か「タンギングしないで!」のどっちかしか無くて… じゃあ、普段のアタックはなんなの!?(;_;)その間なのかしら ハッキリとタンギングをするというのはアクセントを付けろという意味ではありません。 純粋な音がクラパート全員が揃ってポッと出て欲しいという指示なんです。 タンギングしないのは、息の力だけでリードを振動させる意味で、音頭がppp指定の時などで特別に指示されました(^^; 質問の意図と違っていたらスルーしてくださいm(__)m