ID非公開

2020/10/13 1:49

55回答

海外の家の屋根で、ペラペラで柔らかいゴムみたいな屋根ってなんという名前なんですか? 瓦の絵みたいになっている?ような屋根です。

海外の家の屋根で、ペラペラで柔らかいゴムみたいな屋根ってなんという名前なんですか? 瓦の絵みたいになっている?ような屋根です。 いかにも耐久性なさそうで、しかもダサいですが、あれって大丈夫なんですか? 海外の建築関連のInstagram見てると頻繁に出てきます。

補足

説明しにくいですが、瓦みたいな絵が何個も繋がってて、ゴム状みたいな柔らかそうな素材の屋根です

海外生活 | 注文住宅28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

回答者の皆さんが言うように、『アスファルトシングル』でしょうね。 素材自体はフェルトにアスファルトを含浸させて瓦状、スレート状に見えるようになったものですが、半永久的です。でもそれは素のアスファルト含浸部材劣化しないという意味であって、表面層を構成している砂の色が劣化したり、苔が付いたり、下地の野地板が腐ったりして半永久とは言い難いですね。 今年の夏に我が家の小屋の屋根(40年ほど前にDIYで造った小屋)を改修しました。40年前と同じ黒いスレート状のアスファルトシングルを再び使いました。アスファルトフェルトの下には防水シートとその下にはバラ板の野地板があるのですが、防水シートの欠損部の野地板はやはり腐っており取り替えました。このように、やはり半永久的な素材を用いても屋根全体としては30-40年もすれば取り換えが必要になります。外見にうるさい人ならもっと早く改修となるでしょう。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます、大変参考になりました

お礼日時:10/14 0:37

その他の回答(4件)

0

アスファルトシングルです。ダサいですか?

ID非公開

質問者

2020/10/13 13:53

ありがとうございます、見た目的にはペラペラなので、壁紙みたいなかんじがして格好悪いと思ってしまいましたがどうなんでしょう。 アメリカでは一般的な感じなんですかね。

0

アメリカではシングルと言います。 10年に一回くらい交換します。

ID非公開

質問者

2020/10/13 13:51

ありがとうございます、他の方が半永久的と書かれていますがどちらでしょうか?

0

アメリカでshingleと言われているものです。以前は25年くらいしか持ちませんでしたが最近のは半永久的と言われています。日本では以前コロニアルと呼ばれていたと聞きます。今のは半永久的です。強風の時日本の瓦みたいに飛んだりしませんから安全です。

ID非公開

質問者

2020/10/13 13:51

ありがとうございます、他の方が10年に1回交換と書かれていますが、半永久的と言うのは本当でしょうか?