ID非公開

2020/10/13 8:56

88回答

西山朋佳さん、三段リーグで8連敗。 もうプロ棋士は、事実上不可能ですか。

西山朋佳さん、三段リーグで8連敗。 もうプロ棋士は、事実上不可能ですか。

補足

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「ヒューリック杯・白玲戦」の創設を発表。 優勝賞金は女流史上最高額の1500万円!! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 何ですか、これ・・・ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 現在、西山・里見の二強時代だから、 このまま行けば一生涯、 数年に一度1500万円のボーナスと名誉が入りそうです。 だったら、こっちに集中した方が良いかも。いやすべきです。 どうせプロ棋士(魔界って言うな!)になったところで、 富も名誉も入らないのだから。

将棋、囲碁478閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

一応、年齢制限まであと二期あるが。 優勝賞金1500万円というデカい女流の棋戦が出来てしまったからね。 まあ女流にとっては嬉しいだろうが。 恐らく西山もそっちに傾倒してしまうのではないか。

その棋戦が出来ることは数ヶ月前から知っていただろう。 タイトル保持者に直前になって「出場してほしい」なんて言う はずはないから。 それで奨励会はもうどうでもよくなって、8連敗したのかも。

その他の回答(7件)

0

奨励会を年齢制限で退会となったとしても、女流タイトルホルダーとして出場枠のある棋戦に勝ち進めば、プロ編入試験によりフリークラスの四段になることも可能です。 既に棋士に対して10勝5敗以上の成績を残した実績もあります。

0

事実上あと2回のチャンス。力はあるのだから気力次第。 順位戦でもまれた方が強くなるし、1500万獲得も容易になる。 四段になれず奨励会退会すれば弱くなるから新進気鋭に負けることになる。

0

後2回三段リーグ挑戦できるらしいけど、次点取ってフリークラス入りせずにプロ入りしたのは、佐藤天彦九段ぐらいだから可能性としては限りなく低いのではないかな。