携帯電話回線が遅い理由は

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

「遅い」が具体的に何を指しているのかわかりません。 相手との会話がワンテンポずれる、と言う意味なら、デジタル通信の特性上、電装遅延が避けられないからですね。 データ通信の実速度が、スペックで言われている最高速度より遅い、と言う意味なら、インターネットを経由する通信の速度を決めるのは様々な要素があり、末端の携帯電話回線だけの問題ではないので、一概に言えません。例え 5G などの高速回線が使えたとしても、携帯電話会社からプロバイダまでの、あるいはそのプロバイダ自体の処理能力や回線速度が遅ければそこがボトルネックになりますし、速度が速くても通信量が膨大なら、自分に割り当てられる速度は遅くなります。そもそも通信相手のサービスの処理能力が低ければ、途中の回線がいくら早くても応答や伝送は遅れますからね。

0

遅いって、声が相手に聞こえるまでの時間の事ですよね? 基地局とか、受信したり送信したりは関係ないですよ。(電波なんて送受信も含めて”あっ!”と言う間ですから) 簡単に書くと。 声(電波)は基地局を通してNTTのコンピューターに伝わり、またそこから基地局から送信されて相手の携帯に送られます。 それぞれの段階でちょっとづつ時間がかかるので、携帯から聞こえるのが遅くなるんです。(一番時間がかかるのはコンピューターです。) 無線機同士の送受信は、携帯と違って少なくて簡単な処理で済むからほとんどゼロです。 これでわかるかなぁ?

1

無線だから遅いとは限らないが・・・ 限られた周波数帯を多数で分割して使うので、有線よりは不利。 それでも速くするには周波数を上げて、個々の使える帯域を 広くすればよいが、それだと電波の届く範囲が狭くなって、 近距離でしか使えない・

1人がナイス!しています