回答受付が終了しました

異臭と地震の関係って、あながち間違いではないんですか?

地震 | 災害323閲覧

回答(4件)

2

無関係かというとそうでもありません。 江戸時代に火を起こすために「火打石」がありました。 2つの石の摩擦で火を起こすものです。 高温・高圧の地下で岩石同士が火打石だと思えばいいんです。 熱や臭いが出て地面から少しずつ出てるということです。 PSEはなんの実験も想像もせず、ただただ「ネットはウソです」を くり返し投稿しますが、時間帯も曜日も関係なく投稿してくるので 家でぷらぷらしてる金と暇を持て余した人と推測すると同時に、 三浦半島すら知らないようなので、家から一歩も出ない人ですね。 本の受け売りで現実を見ようともしない人です。 三浦半島地下で火打石があると想像しましょう。 地震が起こる際は活断層が正断層・逆断層・横ずれ断層として動きます。 動く直前に摩擦でこの現象が起こっているのです。

2人がナイス!しています

1

まず地震のような科学の話題は多数決で正しいかどうかが決まるわけではないということを思い出しましょう。たくさんの人が言っていてもウソはウソです。 地震の前兆に異臭はありません。理論的にもありませんし実績もありません。 地下深いところで異変がおきていれば広い範囲に長期間影響がでます。異臭は東京湾を通る船がタンクのガス抜きをしている可能性が指摘されますね 地震が近いとネットで騒いでいる人は地震の専門家でも研究者でもありません。地震が来るというと注目されて有名になれるのでそれがうれしいだけです。 ネットの地震のウワサは全部ウソだと思って無視しましょう。それでよいです。

1人がナイス!しています

三浦半島地下で火打石があると想像しましょう、という回答がありますが火打石はないですね 断層が動くと地震波を出したり地殻変動が起きたりします。三浦半島で小地震が増えているということはないです。事実を見ない理論を知らない状態で「想像」してもなあ。