改正労働者派遣法の同一労働同一賃金が自分の場合、派遣先の賃金と同一ではなく、派遣元の賃金と同一な額として適用された状態です。これは正しいのでしょうか?

改正労働者派遣法の同一労働同一賃金が自分の場合、派遣先の賃金と同一ではなく、派遣元の賃金と同一な額として適用された状態です。これは正しいのでしょうか? 派遣社員で仕事をしています。 同一労働同一賃金の改正労働者派遣法で、派遣元の派遣会社から給与の見直しが適用されたと報告がありましたが、結果として給料の金額に変化はありませんでした。 理由は派遣元の派遣会社の社員と同一賃金にした結果、この金額になったとのことでした。 同一労働同一賃金は派遣先と同一賃金じゃなくても、法的に問題ないのでしょうか?

派遣28閲覧

ベストアンサー

2

改正労働者派遣法の同一労働同一賃金は2つの選択肢があり、その内の1つは派遣会社が労働者代表と協定を結んで、世間相場を最低ラインとして職種と勤務年数で賃金額を決めることが出来ます。 これを「労使協定方式」と呼びます。 今回の改正で派遣会社に義務化したのが「派遣労働者の求めに応じた待遇に関する説明」義務です。 労使協定方式の場合、派遣社員から「待遇に関して説明して欲しい」と要望があれば、派遣会社は説明しなければならないことになりました。 主さんから「労使協定内容を教えて下さい」と言ってみましょう。

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。説明を受けて合意した場合、派遣先と同一賃金じゃなくても良くなるという事ですね。納得できなくても、なかなか異を唱えるのは難しいですね。今の就職難のタイミングだと。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧に説明をしていただきありがとうございました。まだこれから状況が変わるかもしれないですね。

お礼日時:10/22 19:56

その他の回答(1件)

0

正しいでしょ? 例えば、はんこを押す仕事の派遣先に行ってはんこを押していても、あなたの仕事は「派遣先の要望に答える」というのが仕事であり、それはあなたの派遣元の社員たちもみんな一緒の労働です。 ですから、あなたの労働ははんこを押すというものではなく、派遣先の要望に答えることなので派遣先の人と同じ労働をしてることにはなりません。 もっというと、あなたは派遣先から見たら外注さんです。 工務店とかで言ったら、個人事業主の職人さんと変わりません。 ですから、そもそもあなたの給料はあなたの会社の利益から出ているので給料の変化に対して派遣先は関係ないし、同じ理由で派遣先の仕事内容と派遣先の社員の労働と給料に関して、派遣元は関係がないので、そこを比べる時点でおかしいです。