現在62歳で来月の誕生日以降老齢厚生年金の特別支給の手続き案内がきましたが、

年金233閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 大変わかりやすいご説明で助かりました。

お礼日時:10/16 4:03

その他の回答(3件)

0

65歳未満ですと総報酬月額相当額と年金基本月額の合計が28万を超えると超えた額の1/2が年金から減額になります。 しかし在職中で年金の減額や支給停止があったとしてもそれは無視して年金支給の裁定請求はしておくべきです。自己判断で請求しないということは間違いがあるかもしれませんし、支給される条件になった時は自動で支給されますし、65歳になって減額条件が変わった場合、老齢基礎年金の支給が開始になっ時、加給年金の対象になった時の手続きも簡単になるからです。

0

厚生年金に加入していることが 調整が入る条件 加入していない場合は、一切 調整がはいらない 調整が入り始めるのは 標準報酬 + 加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生(退職共済)年金の月額 と 総報酬月額相当額 (その月の標準報酬月額)+(その月以前1年間の標準賞与額の合計)÷12 が 28万を超える場合に 調整が入ります。 https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20150401-02.html 65歳からは、47万になります https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/zaishoku/20150401-01.html