高2女子です。冬になるといつも太ってしまいます。特別何かを大食いしたり、お菓子を沢山食べたりするわけでもありません。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

冬で寒く、冷え性だと、脂肪も冷えて燃焼しにくくなります。 まずは冷え性の改善から、行ったほうがいいかもしれませんね。 私も末端冷え性で足先や指が冷たくなります。 血行不良が原因みたいなので、私はこれを飲んでいます。 https://alpoca.jp/ppc/google/lp/smoothie/cold/?utm_expid=._5Xdl1tkSM2Om2BkZkDtJg.0&utm_referrer= 料理にも混ぜられるので、取り入れやすいです! 試してみてください!

1人がナイス!しています

1

寒さから身を守るために、体は本能的に脂肪を蓄積しようとする、それが「冬」なのです。 気温が低くなると、体温も下がります。体温を維持、上昇させるためにはエネルギーが必要ですが、その主なエネルギー源となるのが脂肪です。 つまり冬は、私たちの体が寒さに備えるために、本能的に脂肪を貯めこみやすい状態になるのです。にもかかわらず、現代社会の住環境では暖房が完備され、防寒服も発達しているため、体温維持のために脂肪をエネルギーとして消費する機会も減少しているのです。 また、冬は脂肪が分解されにくい季節でもあります。脂肪分解酵素であるリパーゼは低温では働きにくいため、寒い冬には脂肪代謝が円滑におこなわれず、結果として脂肪はさらに蓄積されていくのです。 冬は脂肪が蓄積されるだけでなく、手足が冷えたり、むくんだりすることが多い季節。実は、むくみも体を重く感じさせる原因の1つなのです。 体内の血液やリンパ液などの水分は心臓から末端部に送り出され、静脈を通って心臓に戻ります。このとき末端の手足では、静脈周辺の筋肉が伸縮してポンプの働きをし、血液を心臓に向かって押し上げます。 一日中立ちっぱなしでいると、夕方にはふくらはぎがぱんぱんに張って、脚がだるくなるのは、同じ姿勢を続けることで血液循環が悪くなり、脚に余分な水分や老廃物がたまることが原因です。 同様に、運動不足で一日中ゴロゴロしがちな冬にも、筋肉の収縮の頻度が落ちてポンプの働きがにぶくなり、むくみが起こりやすいのです。 手足がむくむと体が重く感じられ、さらに運動量が減少。ますます冬太りに拍車がかかります。 動物としての生理的リズムで、冬に増えてもいい体重は1~2kgまでです。冬太り対策には、暴飲暴食に注意して、暖房や厚着はほどほどに。また、ウォーキングなどの有酸素運動や食事、入浴などで体温を高め、 *脂肪分解酵素リパーゼの働きを活性化させること *血行をよくしてむくみを解消すること がポイントです。

1人がナイス!しています

1

夏と冬と食べる物が違うんじゃ無い? 夏ならソーメンでも冬ならラーメンとかだけでも圧倒的にラーメンのカロリーが高い。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました

1

まずむくみと太るのは別物なので、どっちなのかハッキリさせましょう。 両方だとしても混同しないで、別々に原因と対処法を考えましょう。 間違った努力はどれだけしても成果が出ない。 むくみは水分を体内に抱え込みすぎるだけなので、ダイエットしなくてもその水分が抜ければ体重は戻る。 デブは水分ではなく脂肪を抱え込みすぎなので、食事制限と運動がなければ体重は戻せない。 むくみなら原因は様々なので、冬のみ自分に当てはまる原因を探してそれに対処すればいい。 冷え性や運動不足、塩分過多・ミネラル不足その他の栄養バランス問題、心臓病、肺病、腎臓病、肝臓病等々。 カフェインやカリウムには利尿作用がある。トイレ頻度が上がっても良ければそれらを意識して摂取すれば多少の改善があるかもしれない。

1人がナイス!しています