母の年金から引かれる後期高齢者医療保険料が、今までずっと年金から介護保険料とともに自動的(特別徴収)に引かれていましたが、

母の年金から引かれる後期高齢者医療保険料が、今までずっと年金から介護保険料とともに自動的(特別徴収)に引かれていましたが、 この10月から何故か納付書が、届きました。何故でしょう?理由もなく変更されるものなのですか?区役所に問い合わせに行かないとダメでしょうか?わかる方が、いらっしゃいましたら普通徴収に変わった理由を教えてください。

年金144閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

去年, 一昨年の所得に大きな変動はありませんでしたか? たとえば土地や株を売ったとか, 仕事を退職したとか. 後期高齢者医療保険料は, 通常は年金からの天引き(特別徴収)ですが, 所得が大きく変動して, それに応じて保険料が大きく変動すると, 一時的に口座引き落とし・納付書(普通徴収)になることがあります. 区役所に(本人の身分証明書を持って)いけば, 本人の所得を見ながら説明してもらえると思います.

>この10月から何故か納付書が、届きました。何故でしょう?理由もなく変更されるものなのですか? 「後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計が年金支給額の2分の1を上回った」とか「所得に大きな変動があり, 保険料が大きく変動した」という場合は普通徴収に一時的に変わることがあります. そういう事はすべて7月に郵送される保険料決定書にかかれている(1年間の保険料, 保険料がいつ, いくら, どれくらい引かれるのかなど)のですが, あまり目を通す人はいないみたいですね.

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変よくわかりました。母には、詳しい説明を求めるのなら区役所に行ってみることを進めたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:10/17 18:27

その他の回答(3件)

0

今年から後期の保険料が上がっています。 介護保険料は 年金天引きで引かれます。 後期の保険料は 年収の1/2より 多かったら 普通徴収に変更となります。 その理由は 自動で引くことにより生活が困窮する ので 納付書で調整して納付するということを考えられたものです。

0

私も後期高齢者の年金生活者です 後期高齢者医療保険料や介護保険の掛け金の 徴収方法は変わることがあります 区役所の係の人に聞くことしかないァでしょう