足が冷たすぎて困っています。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:10/24 15:23

その他の回答(2件)

0

手足が冷たいのは、血液が届かないからです。 体温が低く、血液そのものも低いでしょう。 低血圧で、末端まで届かないのでしょう。 血圧が低く、末端まで届けられないのでしょう。 栄養不足で、エネルギーの元になるものを作れないのでしょう。 血液中の赤血球には、ヘモグロビンがあり、その中の鉄が、酸素をくっつけて全身に運んでいます。 全身の細胞の中にある、ミトコンドリアがエネルギーを作り、体温を作っています。 食べた栄養を、酸素とビタミンB1などにより、分解してエネルギーを作り、燃焼させて体温を作り、筋肉を動かしています。 心臓も筋肉ですから、エネルギーがないと働きません。 病院で、できることは、あなたの、貧血を治すことだけでしょう。 家庭で、肉や魚を食べ、筋肉や、血液を作らないといけません。 また、血流を良くするため、ランニングなどをしないと、栄養だけでも治りません。 普段から、汗ばむほどに厚着をして、家の中でも、マフラーで首を温め、冷たい空気を吸い込み、肺を冷やさないように、マスクをする。 できれば、毛糸の帽子で頭も冷やさない。 体温が下がると、全身の細胞に栄養と酸素が届きませんから、全身の細胞はエネルギーを作れません。 足や手は、冷却器官ですから、足と手は常に冷やさない。 手や足を冷やすと、体全体が冷えます。 風呂に入ったらすぐに布団に入ること。 どうしても、用事があるのなら、布団の中で15分間以上保温してから寝ます。 貧血の勉強程度はしておくこと。 今後も報知しておくと、脳にも酸素が届きませんので、認知症などには確実になるでしょう。 認知症の80%はじょせいです。これは、貧血が多いからです。 体温が、35度以下になるとヘモグロビンから、酸素が離れにくくなります。 つまり手足には酸素が届きにくなっています。しもやけなどに。 追加 以下は、低血圧の薬を飲んでいるが、一向に上がらないとの質問者さんへの回答です。 参考にしてください。 肉や魚主体の食事にしないと、改善されることはないでしょう。焦らずに。 今年の春のことですが、ある大学教授が、大学でも低血圧ついてはほとんど研究していませんでした。やっと、近年になり低血圧の重要性に気づき、研究が始まりました。と。 いくらかの薬はありますが、うつ病の薬などと同じで、実際には効果がありません。 うつ病などは、薬が効かないので、日本ではランニングや早足さんぽなどの運動療法。米国では、瞑想療法が主な療法と言われます。どちらも、脳の血流を良くして、脳細胞の増殖をしたいします。 低血圧の治療は、ほとんどの医師は勉強していないし、大学で習ってはいません。 薬が効かないのは、本質的には体質を変えない限り、効果は期待できないからです。 本質的な体質を変えると、薬も効果が出てくるでしょう。 低血圧は、ヤセ型で、筋肉が弱く、貧血気味で、血液量そのものが少ないからとされます。 また、胃腸が弱く、消化、吸収も悪く、心臓などを動かすエネルギーも作られていないからです。 心臓などの筋肉を強くすること。 送り出すには、筋肉である心臓も強くする必要がある。 脚の血液は心臓まで持ち上げられないといけないが、筋肉が痩せていると、筋肉内にある静脈を支えられない。 脚の静脈內部には、逆流防止の弁があるのだが、身体が弱いと、弁が開いてしまう。 血液が心臓まで戻らないと、送り出すことも出来ない。 すべての筋肉と血管を丈夫にしないと、解決はしない。 血管と、筋肉は、たんぱく質であり、コラーゲン組織である。 コラーゲンは、20種類のアミノ酸とビタミンCによって合成される。 肉や魚のたんぱく質でないと、20種類のアミノ酸は揃わない。1つでも欠けると、コラーゲンは合成できない。 また、ランニングなどの運動をして、刺激を与えないと、筋肉も、血管も丈夫にはならない。 また、血液量を増やすためには、たんぱく質、ビタミンB9、ビタミンB12が無いと、赤血球を増やせない。 また、すべての細胞に栄養と酸素を送るためには、貧血ではいけない。 日本の大学の貧血に対する概念は、後進国並みであり、ほとんどの病院でも時代遅れの治療と基準値に従っている。 隠れ貧血についての重要性から、研究している大学もあり、数年前から改革を唱えているが、一向に進まない。 下記は、ある女性の回答記事ですが、こちらに書かれている、米国流の治療をする病院を受診すると早く治るでしょう。 受診だけでもしてみることをおすすめします。 日本女性の90%は、隠れ貧血とされます。 貧血治療をして、血液量を増やすことが解決になります。 私は不調を訴えて病院で診察や検査を受けましたが、血液検査では異常が見つかりませんでした… 納得いかず、フェリチン値が正常値ではあるものの低く、フェリチン値で鉄不足を判断してくれる病院に受診し、鉄剤の処方を受け、サプリのキレート鉄も服用し、タンパク質中心の食生活(生卵以外の卵3個➕肉魚200g を毎日たべる)を1か月しただけで、イライラ、眠たい、めまい、たちくらみ、頭痛、鬱っぽい症状など全てがなくなりました! フェリチン値は普通の血液検査 では測ってもらえず、普通の病院は正常値なら相手にされません。 しかし、フェリチン値が正常値でも低いと上記のような不快な症状が出ます! 気持ちも、ネガティブになります… ネットで、 「フェリチン測定をしてもらえる医療機関と医師(全国版)」 https://ameblo.jp/kotetsutokumi/entry-12426499118.html と調べれば、フェリチン値を測定してもらえ、治療してくれる全国の病院が載っていますので、一度受診をお勧めします! 鉄不足ならば、鉄剤を飲めば1か月以内には症状がなくなりますよ!

風呂から出たので再開する。 寝るときもなかなか体温は上がらない。 また、冷たい布団だと、睡眠が深くならない。 もう使っているかもしれないが、電気毛布の敷布。 あるいは、電気かけ毛布などで寝ること。 寝ているときは、なお体温が下がるので、熟睡できない。 運動を忘れないこと。 そのような状態では、並大抵の努力では完治しない。 3年以上の時間をかけて、体質改善すること。 焦らないで、確実に少しずつ。 家では、ズボン下を履き、ズボンで過ごすこと。

0

養命酒とかが手軽。 手に入りやすいし… お金があるなら高麗人参を溶かして飲むといいと思う。 医者に行けば葛根湯とか処方してくれる

ありがとうございます。養命酒って飲んだことがないのですが結構酔いますか?お酒弱いので心配でチャレンジするのに勇気が要ります