昭和の時代の人は家を持つことが一人前とか考え持ってたって本当ですか?www

昭和の時代の人は家を持つことが一人前とか考え持ってたって本当ですか?www

補足

さすが昭和wwすごい おっさんダサすぎww

ベストアンサー

1

そうですね。 そのころの言葉で、 「家を建てるのは男の甲斐性」 「愛人の1人や2人つくってこそ男の甲斐性」 というのがありました。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

だから昭和は見下されるんですよね

お礼日時:10/24 8:23

その他の回答(7件)

0

中国の方はそういう価値観だと聞いたことがあります。 日本では、所帯を持って一人前という謎の価値観があったと聞いています。

0

それは昔は一生働いて退職する時退職金が 丁度新築が買えるほどになるので、恵まれたサラリーマン はそうなる理想であってまずまず人生で成功したという象徴と思えばよい。 一人前とはすこし筋が違うはなし。

0

いいえ、家なんて物は買うのではなく、親から代々受け継ぐ物 だと思っています。(また家が欲しいなんて思った事も無いけど…) 何の生産性のない、金を生まないローンで家を買うなんて…。 私からしたら「ドブに金を捨てるみたい…」にしか思えません。 そんな金が有ったら「事業」や「投資」に注ぎ、倍以上に膨らませ ます。