35歳の少女ってなぜ精神科のケアを受けない理由は何ですか?専門家の力は頼らないですか?

35歳の少女ってなぜ精神科のケアを受けない理由は何ですか?専門家の力は頼らないですか?

ベストアンサー

0

いくらドラマのコンセプトに反するからといって、常識的なことをないがしろにしてまともな人間ドラマは作れません。 あなたの指摘は現実とフィクションの世界をシンクロしながら感情移入する人に欠かせないプロットです。 今からでも遅くありません。 サリバン先生が動き出す前に、形だけでも専門家に相談して視聴者の違和感を取り除くべきでしょうね。 個人的に想像力で補うのは無理があるし、その気になりません。 この場面はきちんと描くべきですね。 ヒロインは10歳で眠り姫になりました。 10歳といえば小学4年生。 お子様ランチもショッピングモールの遊具もとっくに卒業しているはず。 少なくとも私はそうでした。 人気脚本家のオリジナル作品は物語の根幹はともかく、枝葉にほころびが目立つドラマであることは間違いありません。 もちろんあくまで私見です。

その他の回答(9件)

0

純粋に作者が『主人公が精神科医の力を借りて成長していく』という内容のものを作りたいのではなかった、それに尽きます。 現実なら違うでしょうが。

0

精神的に10歳の少女が大人になっていく過程を楽しむドラマなんだと思います。そこに精神科の医師などが出てきても、無粋なだけです。 ちょっと気になるところがあります。第二回のところで、タイムワープしそうな雰囲気があったことです。これで、来週になったら小中高の勉強も完了してほぼ大人になってしまっているなんて展開になったら、興醒めです。そうならないことを祈るばかりです。

0

現実的に言えば、本人も家族も受けるべきと思います。 ただ、ドラマの脚本には、そういう場面はいらなかったんでしょうね。。。