今でもゴルフ人口は減り続けているのでしょうか。

ゴルフ86閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:10/23 1:08

その他の回答(8件)

1

団塊が勇退し、せっせとゴルフをしてベース化してる。 今年4月からの有休5日消化義務化で、現役も平日行きやすくなった。 コロナによる受診自粛によりヒマになった医師、医療関係者が木曜日を中心にゴルフへ。 石田純一さんが人柱となってしまったクラブハウスほかで。濃厚接触しなければ3密クラスターとならないゴルフプレーは、自粛期間中でも6月から急速に人気回復した。 昨年からピン抜かない、OB処理の迅速化でプレーが早くなり、コロナ後ではレーキ不使用、昼なしスループレーでさらにスピードアップ。 ロッカー、風呂閉鎖などでドレスコードも緩和。 新型コロナが怖い古株メンバーさんも、クラブバス運休で来れないので一気に自由な雰囲気に。 アクセスの悪い遠方のコースはわからないが、そこらじゅう満員御礼のコースが多いと感じてます。 長期的には人口減に比例すると思いますが、現状回復傾向かと。 ただメンバーコースはこの機に乗じて、来年からビジター料金値上げを決定。 だめだよ。せっかくのコロナ特需で増えたゴルフ人口を維持する方向にしなきゃ。

1人がナイス!しています

0

バブルの頃が異常でした そのころから比べると確かに減ったのだと思います 今は、適正な範囲で推移しているとみています 「適正」って言うのは 業界関係の会社が 1年内につぶれたりしていないことです

0

ゴルフ人口の意味合いが分かりませんが、ラウンドは年2回ぐらいの人も結構います。 私は3才の頃からスキーをやっていますが、今ではシーズン2、3回ぐらいしか行かなくなってしまいました。でも、それでもスキー人口に入りますよね?(=^.^=)