就活の面接で留学に行ったことも無いのに 留学に行きましたといってしまいました

就職活動 | 留学、ホームステイ97閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

素直に虚偽の報告をした事を謝りました。 内定はそのまま4月から働けるようになりました。

お礼日時:10/19 16:17

その他の回答(6件)

2

おぎやはぎの矢作さんは就職面接で「僕から英語をとったらなにも残りません」とまで豪語したけど全く喋れなかったらしいですよ笑。 結局合格して、就職後全力で勉強したそうです。 留学の証明書提出は聞いたことないですね。 内定でちゃったら留学先に上げた学校の土地周りを勉強しといたらいいんじゃないですかね。就職後の話題に。 面接での嘘が良くないということは百も承知だと思いますが、ついてしまった以上は全力で乗っかるしかないです。

2人がナイス!しています

2

ほとんどの会社では、就業規則に履歴書や申告書に虚偽記載や虚偽報告があった場合は「懲戒」の対象としています。 解雇の前に内定取り消しでしょうね。

2人がナイス!しています

1

留学って言ってもショートステイから大学に通う本当の意味での留学と様々ありますからね。 向こうの大学で学位取ったとか言ってなければ証明書見せろなんて言わないと思いますよ。

1人がナイス!しています

1

留学って、語学留学のことでしょ? 問題になるわけありません。 大企業なら、「語学留学しました」という学生が毎年たくさん応募してきます。 で、その学生たちがろくな実力がないという現実を採用担当者たちは知っています。 それなのに証明書を出せというはずがないです。 英検、TOEICの証明書なら提出を求められる可能性はありますよ。 余談ですが、私がかつて行った語学学校のお話です、 A氏は、その語学学校に行ったことを、帰国後に活用することを考えていました。ところが修了証をもらえませんでした。出席率が悪かったからです。 彼は学校の卒業式で、青ざめてました。 私はその後の大学を気にしてましたから、語学学校の修了証なんてどうでもよかったです。 「こんなもん、必要とする人がいるんだ」とあきれたことを記憶してます。

1人がナイス!しています