ロマチェンコ対ロペスの統一戦はロペスの判定勝ちで統一王者になりましたが

ボクシング75閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

録画してあとで楽しもうと思っていると先に結果を知ってしまうことになり驚きました。録画を見ると確かにロマチェンコも圧倒的優勢だとは思えませんが判定のスコアをみてロペス大差の勝利は納得できません。ロマチェンコは(私は初めて見る選手の)ロペスのパンチを警戒し過ぎた感がしますがロペスのパンチは殆どロマチェンコのガードの上を打っていました。それよりはロマチェンコのパンチ、特に9回、10回、11回辺りは結構当っていたと思います。自分の判定ではロマチェンコの僅差の勝利だと思います。仰る通りロペスの強打を警戒しすぎでしたね。

1人がナイス!しています

1

メイウェザー対パッキャオを思い出します、予想を遥かに越えたパンチ力だったんだと思います、Sライトよりのロペスとでは体格のアドバンテージがちがいすぎますね。

1人がナイス!しています

1

前半はあれだけ手数が少なく、そしてバックステップとサークリングのまあ多いこと。 8R以降のボクシングを見ると、前半は警戒過多だったのは間違いないと思います。 いつになったら行くんだろう?このまま判定になったら負けちゃうよ、と解せぬ思いで見ていました。

1人がナイス!しています