大河ドラマ「麒麟がくる」感想戦!? 第28回【新しき幕府】 みなさんいかがでしたでしょうか? 感想をどうぞ。

日本史 | ドラマ115閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

見ました! 石仏のシーン、シュール過ぎて! もうすでに、膿が溜まる、溜まる一方って感じ。 破滅に向かってく感じしかしないとこが、 なんとも言えないドキドキ感。 麒麟、面白いわ!

お礼日時:10/24 13:55

その他の回答(5件)

0

滝藤さんがどんどん胃の痛そうな表情になってきてるのがよくわかる。

2

今回、信長は京都に信頼出来るものを置くとして村井定勝が名前と顔だけ登場しました。今更ですがこのドラマ名前と顔だけ出しておいて結局何もしない登場人物が多いなと。桶狭間でも佐久間信盛の名前がテロップで表示されるのに結局何もしないんです。いずれ追放されるところで出てくるのかもしれませんが、あれ以来ずっと特に何もしていない佐久間信盛が追放されてもドラマとしてはイマイチですし、テロップをだしていかにも重要人物っぽく描いたのならちゃんと描写してほしいところです。村井定勝も特に何もしないのかな。 それはそれとして今回は割と面白かったですね。幕臣と織田家の家臣の意見の相違とか信長と光秀の考え方の微妙な違いとか今後の展開に影響がありそうで注目です。そして最後の紀行ではドラマ内で二条城の石垣に使われた石仏が取り上げられていました。ドラマ内の出来事で事実か創作か判断のつかない部分を解説してくれる良い紀行でした。

2人がナイス!しています

2

二条城の石垣に石仏を使おうとしているシーンが出ました。 (この知恵袋でも結構話題になっています。) 私も、光秀がこの石仏をじーっと、しかも何度も見ているシーンが気になり ました。 何故、石仏を見続けたのか? ①信長の仏教にたいするサイコさが気になった。 ②義昭は幼少の頃から仏門に入っていたのに、気にもしない。何故? ③これから各宗派とどう付き合うのか?(何かいやな予感がする・・) 光秀の、そんな思いが混じりあった感じのシーンでした。

2人がナイス!しています

1

個人的には二条城建築現場での地蔵(石仏)シーンが気になりました。 小和田哲男先生の書かれた本で(読んだのが今から20年くらい前ですので自分の記憶違いやその後のアップデート不足もあるかもしれませんのでそこのところはご容赦あるいは他の回答者様の解説があれば納得というか意見変えますし)なんでも石仏や墓石等を石垣にするというのは信長の不信神を表すのではなくその仏像なりなんなりの霊性を持って城をまもってもらうためだとかというような説でしたが、今回は仏罰が下るのを待っていた的な信長様のご託宣でした・・・。 後は・・・明智光秀が本圀寺襲撃ではあまり活躍しなかったのが少し残念でしたね。

1人がナイス!しています

2

相変わらず、架空の登場人物が大活躍したお話でした。 新しい登場人物、摂津晴門、足利義昭の悪いところは全部この人物のせいにされるんでしょうかね。で、足利義昭はなぜか不当に都を追放される可哀想な人ということになるんでしょうか。

2人がナイス!しています