ローマ帝国が共和制から帝政に移った理由って何ですか?勉強不足ですいません。

世界史3,081閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

うーん難しいもんなんですねぇ。

お礼日時:2009/2/21 23:22

その他の回答(1件)

0

当初はエトルリア人などの王を擁いていたローマは、7代目の王を追放して、貴族による共和政を布いた。共和政下では2名のコンスルを国家の指導者としながらも、クァエルトル(財務官)など公職経験者から成る元老院が圧倒的な権威を有しており国家運営に大きな影響を与えた(共和政ローマ)。 「内乱の一世紀」と呼ばれた時代にルキウス・コルネリウス・スッラ及びガイウス・ユリウス・カエサルが絶対的な権限を有する終身独裁官に就任、元老院中心の共和政は徐々に崩壊の過程を辿る。紀元前44年にカエサルが暗殺された後、共和主義者の打倒で協力したオクタウィアヌスとマルクス・アントニウスが覇権を争い、これに勝利を収めたオクタウィアヌスが紀元前27年に元老院より「アウグストゥス(尊厳なる者)」の称号を受けて、帝政が始まることとなったということです。