中島みゆきさんの「夜曲」の歌詞内容に似た詩や随筆があったらご紹介願います!

中島みゆきさんの「夜曲」の歌詞内容に似た詩や随筆があったらご紹介願います!

邦楽38閲覧

ベストアンサー

1

『夜曲』は大好きな歌なので、答えたいけど答えられず悶々としてましたが、いざとなると難しいですね。絶対に古(今)東西に見つかる気がするのですが・・・とりあえず、百人一首から阿倍仲麻呂の歌で 天の原ふりさけ見れば 春日なる三笠の山に出でし月かも (私の拙訳意訳:空をふり仰ぎ見ると あれはあなたの見ている春日の三笠山の上に浮かんだのと同じ月かもしれないね) 「月がキーになっていて、それを頼りに愛する人に想いを馳せる…」みたいな点は通底するものを感じるも、足りないw もう少し探してみたいですね ”月光が肩に冷たい夜には、せめて歌になってあなたのそばへ流れたい”といういちばん好きなところをなんとしても見つけたいんですが・・・ ひとまずご笑読いただけましたら幸甚です

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:10/27 8:08

その他の回答(1件)

1

水辺月夜の歌 佐藤春夫 せつなき恋をするゆゑに 月かげさむく身にぞ沁む。 もののあはれを知るゆゑに 水のひかりぞなげかるる。 身をうたかたとおもふとも うたかたならじわが思ひ。 げにいやしかるわれながら うれひは清し、君ゆゑに。

1人がナイス!しています