回答受付が終了しました

年金受給額の違い ① 会社員で 20歳から60歳まで定年退職まで40年間 1つの会社で厚生年金を払い続ける。 ② 会社員で

年金受給額の違い ① 会社員で 20歳から60歳まで定年退職まで40年間 1つの会社で厚生年金を払い続ける。 ② 会社員で 20歳から60歳まで4つの会社を転職し、かつ 空白期間なしで同じヶ月厚生年金を払い続ける場合 65歳以降受け取る年金額は同じでしょうか? ①の方がより多くもらえるでしょうか

年金 | 税金、年金391閲覧

1人が共感しています

回答(4件)

0

老齢厚生年金のもらえる額は、厚生年金保険料の支払額の総額に比例します。 つまり、老齢厚生年金のもらえる額は、年収の総額に比例します。 ①と②で、年収の総額が同じなら、もらえる年金額は同じです。 転職を繰り返したため、年収の総額があまり多くなければ、①が多い。 転職により、大出世して、偉くなり、後半は年収が高くなれば②が多い。

有り難う御座います。 今現状の法律では、50歳の私は何歳から年金がもらえることになるんでしょうか?65歳から申請してもらえるんでしょうか? ここ10年ストレスにより体調崩し胃腸の調子が非常におもわしくありません。できることなら60歳で定年退職してのんびりしてから65で申請して年金生活をしたいなと思ってるんですけど

0

厚生年金保険料 → 基礎年金部分+報酬比例部分 基礎年金部分 → 老齢基礎年金A 報酬比例部分 → 老齢厚生年金(報酬比例部分)B 老齢年金=A+B Aは月数比例ですから同じです。 Bは給与額によります。

有り難う御座います。 今現状の法律では、50歳の私は何歳から年金がもらえることになるんでしょうか?65歳から申請してもらえるんでしょうか?回答よろしくお願いします