鋤のポーズ(ハラーサナ)で呼吸が出来ません。

鋤のポーズ(ハラーサナ)で呼吸が出来ません。 パソコンに向かっていることが多いのでスポーツジムで肩甲骨回り、首回りのストレッチは丁寧に行っていました。 ある程度の体の柔軟性や体幹はあるつもりです。 あるストレッチ動画でヨガのポーズではありませんが、足を頭の上に持っていく動作が出来ず、探している内にヨガに鋤のポーズ(ハラーサナ)というのがあるのを知りました。首や肩、背中のあたりのストレッチに効果があるということでしたのでトライしてみようと思っています。 いくつかのYoutube動画を参考にしながらやってみました。 寝た状態から足を上にあげ、肩立ちの状態にし、腰に手を添えてゆっくり足を頭の上に持ってきます。 一応ひざも曲がらず、足先も頭の上に置けて手を後ろに組めます。 ただ、呼吸がほぼ出来ません。アップアップの状態で10~20秒の無酸素運動になってしまいます。 動画を参考に顎を引いたり、胸を持ちあげるようにしてみたのですが、やはり呼吸が困難です。ただ頑張ってしばらく毎日続けようと思っています。 実際にポーズを見せれないのでわかりづらいとは思いますが、このポーズで呼吸を楽に出来るようなコツはありますか?。 できる方いらっしゃいましたらアドバイスお願いします。さっそく実践したいと思っています。よろしくお願いいたします。

画像

ヨガ、ピラティス | マッサージ、整体53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

呼吸しづらいのは、 ○横隔膜が腸の重みで圧迫されている ○体幹が屈曲して呼吸するための筋肉(呼吸筋)が通常時より動きにくくなっている。 ○首が屈曲しているため、気道が狭くなっている などかと思われます。 このポーズに馴れていないうちは、 ○足下に座布団やクッション、ヨガブロックなどを置いて、足を床まで降ろさない。 ○肩の下に座布団、ブランケットなど置いて首の屈曲を和らげる。 などが良いと思います。 こちらの動画を参考にしてください。 https://youtu.be/QDm0oaeIG2k

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございます。 柔軟運動に一躍飛びはないですね。 毎日コツコツやって必ずできるように努力します。

お礼日時:10/24 12:35

その他の回答(2件)

0

たぶん 胸が硬すぎて、きちんと丸まれていないのだと思います。 やる時に、勢いをつけて、足を持っていってませんか? 背骨を1つずつ丸めていくイメージです。足を床につけることや、腕を後ろで組む事が目的では無いです。 行けるところまで行って、もどる、また行くを繰り返しすることでも良いです。