回答(10件)

0

いいえ。 南海トラフ地震はこの世の終わりではありません。少し混乱した時期が来ますが、その後今と同じ生活に戻れます。 混乱した時期を短くするために、各自で対策を進めることが大事です。特に家の中と外の対策はそれぞれの家の責任で進めましょう。自分がけがをしないこと、しばらくしのげる食料があること、が大事です。

1

南海トラフ地震が起きなくても 人口減少により、現在1800ある市区町村のうち、 30年後に半分は消滅しているという試算があるのです。 よほど外国にモノを売らないと、経済が上向くはずがない。 家電量販店に行けば気付くと思いますが、 昔は日本企業の製品ばかりだったのに 今は外国の企業の製品が多く陳列されています。 携帯もガラケー時代は日本企業の製品ばかりだったのに、 スマホになったら 日本企業の製品は探さなければならないぐらいです。 地震が無くてもそんな状況なのに 南海トラフ地震が起きれば 製造業の要の太平洋ベルト地帯を破壊します。 東京大阪間は最低でも1か月不通になるので、物流も途絶えます。 インバウンドに期待しても西日本が被災地ですので、 外国人に人気の観光地の京都や奈良へ旅行も出来ないでしょうね。 日本経済は、地震が起きなくても確実に衰退しますし、 起きたら打つ手なしです。 戦後の高度経済成長は人口の下支えがあったから可能だった訳で 人口減少の今それはありませんし、 今更昭和の頃みたいに日本が世界の工場になれるはずもないです。

1人がナイス!しています