スーパーGTのGT500クラスについての質問ですが、なぜニッサンGT-Rはあんなに遅いのですか?

モータースポーツ | 自動車82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ニッサン勢の低迷の原因は、ニッサンの経営状況にあったんですね!赤字で良いマシンを作れる金がない。 トヨタは黒字で金があるから良いマシンを作れる。 理由がよくわかりました! みなさんたくさんの回答をありがとうございました!

お礼日時:10/23 16:21

その他の回答(6件)

0

間違いはR33からかも、コンパクトボディーのR32はよかったよでも、R35もデカくなりすぎかも。 といいつつ、過去の愛車はドレスアップのR33のGTSでし。 スープラねえ、連れの走り屋が峠攻めてたなあ。 GT-R33も直線敵無しのような加速だったけど、カーブでテクなければ、鈍足かも。

2

技術的には分かりませんが、黒字のトヨタ、赤字のニッサン。 投資できる予算が違うと思いますし トヨタはLEXSUSではありませんか?スープラですかね。 新設計の強みはあるかもですね。 GT-Rの開発拠点はイギリス・ルノー傘下なので、イギリスの GT-Rは早いかも知れないですね、ただ日本の国交省の認可は 下りないようですね

2人がナイス!しています

0

各メーカー各チームの資金力の差とスポンサーや観客の減少 赤字と黒字・・・親亀コケたら皆コケたです

1

金が無く、良いドライバー使えない、車の性能とドライバーテクニックにメカニックの三者が揃い、その上運も必要、潰れる会社は、全てがダメ、貧すれば鈍する。

1人がナイス!しています

0

あとここ最近はトヨタ勢が強いのはなぜですか?スープラの性能がいいから? 勝利するために 製作された 量産車基本車輛概念 ・ホイールベース 2シーターに割り切り トヨタ86よりも100mm短い2,470mm ・ホイールベースとトレッドの比は1.55 他の量産スポーツカーと比較しても トップレベルの小さい数値 優れた回頭性 ・重心高にも徹底的にこだわり 水平対向エンジンを搭載した トヨタ86よりもさらに低い重心高 ・コーナリング性能 重要な要素の1つである前後重量バランスについても 理想とされる 50:50の配分 ・走りのみを最優先に 太くストレートに通した骨格に加え アルミニウムと鉄を適材適所に用いた骨格構造や 異なる素材同士の接合強度を追求したことで トヨタ86の約2.5倍ものボディ剛性 CFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用した レクサス LFAをも上回る

画像