ID非公開

2020/10/24 15:11

22回答

こんにちは。高校生です。

就職活動30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

ID非公開

2020/10/24 15:54

気が遠くなるほどに長い人生の中、一切の挫折を知らずに順風満帆の人生を送っていける人は世の中にいないです(皇族でさえ、いろいろとトラブルが…) なので、このショックの大きい挫折感も「そういう時期」と思うことで、いずれ時が経って「あの時にああだったから、いまの自分がある!」と思えるように立て直していくまでです。 *敗因分析がプラスになると思えば、まずはその作業 *敗因分析などしたくないと思えば、したくないなりに次のチャレンジへの時機を見計らう *引きずっている自分を気にすることはなく、「気にしなくなった」時点で引きずる気持ちから切り替えが進んだと思えばいいこと 「次も失敗する方が、さらなる将来への財産になる」くらいに、失敗を待ち構えられる態勢になれればしめたもの。 逆に「今度こそ!」の気持ちを強めすぎると失敗が現実になります。過度なプレッシャーを成功に結びつけられる人は、達人レベルに稀有な存在で…