新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

コロナワクチン接種について

補足

皆さんありがとうございます。 過失においても補償されるようですね。 予見可能性が困難であるのは間違いないですね。 それでも、国家が承認して補償までされるのですからそれなりの審査をすると思います。 今回は緊急避難的に承認するという前提なのでしょうか? それとも薬剤の承認というのは、そもそもメーカー任せでデータの正確な判断さえもメーカーの専門家に委ねているのでしょうか? 当然、最も知識があるのはメーカーの研究者ですね。 そのメーカーが示した可否の妥当性を判断して承認してしまうものですか?

ベストアンサー

0

ありがとうございます。少し調べてみましたら、日本の研究者によるmRNAというワクチンの開発はれてきているのですね。副作用は少ないが賦活性が?と言うと活性化しにくいという特性に活性化を与えてることに、ヒトに対しても成功もしているようですね? そうすると世界中でこれまでにも研究されてきているワクチンで、これまで以上に期待出来るのでしょうか? あと質問期限、残り一日ですが。 ファイザーがまず承認されそうですね。 期待出来ますかね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました

お礼日時:2020/10/31 13:13

その他の回答(3件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
1

人類初の遺伝子組み換えワクチンですから、よほどのまぬけしか、打つ人はいないでしょう

1人がナイス!しています

0

新型コロナ肺炎のワクチンはこれからの問題です。 インフルエンザワクチンについては、以下の通りです。 Q.インフルエンザワクチンの接種によって、著しい健康被害が発生した場合は、どのような対応がなされるのですか? A. 予防接種法に基づく定期の予防接種を受けたことによる健康被害であると厚生労働大臣が認定した場合は予防接種法に基づく健康被害救済制度の対象となります。 救済制度の内容については、下記アドレスを御参照ください。 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/ また、予防接種法の定期接種によらない任意の接種については、ワクチンを適正に使用したにもかかわらず発生した副反応により、健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法(平成14年法律第192号)による医薬品副作用被害救済制度又は生物由来製品感染等被害救済制度の対象となります。 救済制度の内容については、下記を参照するか、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)に御照会ください。 https://www.pmda.go.jp/relief-services/adr-sufferers/0001.html https://www.pmda.go.jp/relief-services/infections/0001.html 厚生労働省では、インフルエンザをはじめとした感染症の一般的予防方法、流行状況や予防接種の意義、有効性、副反応等に関する国民の皆様の疑問に的確に対応するため、「感染症・予防接種相談窓口」を開設しています。 【感染症・予防接種相談窓口】 電話番号:03-5276-9337(午前9時~午後5時 ※土日祝日、年末年始を除く) ※行政に関する御意見・御質問は受け付けておりません。 ※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間会社により運営されています。

0

予防接種法に基づく定期接種に準じる臨時接種になり、国の健康被害救済制度によるものです。 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/ 定期接種と同様、臨時接種は接種の努力義務が課されるものだからです。 ワクチンの瑕疵によって製薬メーカーに対して被害者が損害補償を求める民事訴訟を妨げるものではありません。 ワクチンの瑕疵の有無に関係なく副作用被害を救済するものです。