回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/26 19:16

55回答

閲覧ありがとうございます。

回答(5件)

0

印刷会社の立場から言うと、 ノンブルを印刷しないなら、トンボの外に 入れて欲しいものです。 が、相当気を使って作業することになります。 製本する前に1冊組んでみて確認しますが、 3辺を落とした後ではページの確認はできなくなり、 丁合ミスがあっても気づかないこともあり得ます。 なので、一番安全なのが、ノンブルも一緒に 印刷することです。

0

番号を見せたくないなら ページのノド側に入れればいいんですよ。 仕上がりの内側ながら 本の綴じに巻き込まれるので ほとんどわかりません。

0

>仕上がり線の内側にノンブルを記載すると、印刷した後、その番号も原稿に反映されてしまうのではないでしょうか? はい、仕上り線の内側にノンブルを記載するということは、印刷される範囲内にページ番号が印字されるということです。もちろん本を開いたら番号が見える状態になります。 >私は同人誌にページ番号を載せたくありません。 ほとんどの印刷所の規定として「印刷範囲内にページ番号を入れる」と在るはずですし、守らない場合に落丁・乱丁が生じた場合、お客さん側の不備となってしまいます。 >この番号は自動的に消えるのでしょうか? 自動的に消えることはありません。 >それが印刷した後見えなくなるのか ノド側の仕上がり線ギリギリのところにページ番号を入れることを「隠しノンブル」といいます。推奨はされませんが、一応印刷範囲にページ番号が入っているので受け付けてもらえます。 ページをしっかり開かないと見えない位置に入りますので、見えないわけではありませんが、あまり目立ちません。 私もページ番号は隠しノンブルで入れています。 隠しノンブルにしたとしても、印刷所がノンブルを見えないように製本する義務はありませんので、「隠しノンブルにしたのに本を開くとページ番号が見えてしまう」という場合もありますが、印刷所側の不備ではありません。

0

ノンブルは印刷にわざと出すものなので、仕上がり線の内側に入れる必要があります。 コマの外側にあるノンブルは気にならないと思いますが、 絵がタチキリまで書いてあるなどで絵とかぶってしまう場合は、ノンブルを入れたくないと思います。 その場合は「隠しノンブル」といって、ページのノドの、製本したらほとんど見えなくなる位置に入れます。 (右ページなら左側、左ページなら右側) ノンブルは必ず入れないと、乱丁になってもわからなくなりますので必要です。

0

ノンブルは印刷されますが、あまり気にならない方がほとんどだと思います。 中にはノンブルの文字を少しお洒落な字体にされる作家さんもいらっしゃいますよ。 私はノンブルの文字を一番小さなフォントサイズと字体にして目立たないようにしてました。