仮にの話ですが、

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

遺伝と環境どちらがという話しでしょうか? お金持ちと貧困層の家庭で、赤ちゃんへの声かけを比較する実験が数年かけて行われました。 その結果、お金持ち家庭はよく話しかける。貧困層はあまり話しかけない。それだけではなく、語彙の豊富さ、言葉の質などにも差があることが分かりました。 たくさん話しかけられた赤ちゃんは知能が高くなり、学歴も高くなり高収入になることも分かっています。つまり環境ですよね。 親の学歴や能力というよりは、物理的に差がつくのです。でも逆にこのような知識があれば、意識的に赤ちゃんの脳をグレードアップできます。でも調べようとしない、実践しない、意識しない。遺伝だと諦める。その結果、高学歴の親からば高学歴。富裕層の子は能力が高い。このようになっていくのです。 たしかに脳の機能障がいなどは遺伝が大きいので、影響は絶大ですが、環境で結果をかなり変化させられるということだと思います。

1人がナイス!しています