太平洋戦争についてですが、ターニングポイントとして「ガダルカナル島の戦い」や「ミッドウェー海戦」があげられますが、

太平洋戦争についてですが、ターニングポイントとして「ガダルカナル島の戦い」や「ミッドウェー海戦」があげられますが、 現実問題として仮に両戦いに日本が圧勝したとしたら、日本は太平洋戦争に勝つことができたでしょうか? 「両戦いに勝てば米が厭戦気分になって日本が勝った」というような意見を時々目にするのですが、私が個人的に思うには、日本がたとえ太平洋で米に勝ち続けたとしても所詮は第二次世界大戦の一番の主戦場はヨーロッパであって(米もヨーロッパ戦線を最重視していた)、結局ドイツが負ければ最後は実際の歴史とおりに日本が世界中を相手に戦うことになり負けることになったように思うのですが、この考えについて皆さまの意見を教えてください。 あえて一言書いておくと、実際日本が第二次大戦に参加したのは「バスに乗り遅れるな」の言葉からもわかるように明らかにドイツ頼みであったと思います。そのドイツが負ければ日本が最終的に戦勝国になることはあり得ないと思うのですが。逆にもし日本が最終的に勝つ可能性があったとしたら、日本が太平洋・インド洋戦線で善戦し続けることによって、米英は余計に太平洋戦線に兵力を割かなければならなくなりヨーロッパ戦線がその分手薄になり、ドイツが仏を降したように英ソに勝った場合、米は厭戦気分になり第二次大戦が枢軸国側の勝利で終結する可能性もあったかな思うのですが、この考え・可能性についても皆さまの意見を教えてください。

日本史58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

最後の推測以外は質問者さんのおっしゃるとおり・・・ という回答になってしまうのですが。 根本的に日本の勝機はドイツ頼みです。 海軍が対米戦で政府や陸軍に約束したのは「二年間は優勢」というものでした。三年目以降は不明・・・と海軍は言いましたが、これは「負ける」とは言えないから不明としただけでしょう。 つまり「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」で示されたイギリス屈服→孤立したアメリカと講和という流れを二年のうちに実現する必要があったんです。 ミッドウェイはこの「二年間優勢」という約束が崩れたことを意味していました。勝利できるとかそんなものではありません。二年間持たなくなった、どうしようというものなんですね。 実際、田中新一日誌で、杉山参謀総長の言として「永野(軍令部総長)の二年間の保障は破れた、別に方面をかえなければならない」と書かれています。 じゃ二年間の約束が破れなかったらどうにかなったかといえば、どのみちどうにもなりません。独ソ戦の短期終結が絶望的になった段階で、対英屈服など夢物語になりましたから。 >米は厭戦気分になり第二次大戦が枢軸国側の勝利で終結する可能性もあったかな思うのですが 最低限、独ソ戦が早期終結するのが絶対条件です。それがなくてはドイツはいずれ終わり、日本がいくら太平洋方面で粘ろうとも、ドイツのカタがついたあとは日本が圧殺されます。 そもそも日本が勝ち続けるのは無理です。それは海軍もよくわかっています。海軍が対米戦で勝利しうる戦力比は対米7割としていました。が、アメリカは1940年両洋艦隊法で連合艦隊全部に匹敵する新造艦を整備する計画が通っていて、これが続々投入されることはわかっていました。 1943年には対米5割を下回ると予想されており、こうなると勝負になりません。だから海軍が約束するのは「二年間」だったんです。 米側もこんなことは承知しているので、劣勢なら時間稼ぎに徹することで最終的勝利は確実なものとなります。というか、アメリカの対枢軸国戦争プランであるレインボー5はそういうものです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 皆様方の意見を集約すると、後の世だから言えることかもしれませんが、日本が米を、ドイツがソ連と火蓋を切ってしまったことがそもそもの間違いであったと思います。 日本もドイツも真に軍略的に優秀な人がいなかった、もしくはいても山本五十六のように発言権が弱かったということなのでしょう。 あるいは大きな歴史の流れに単に逆らえなかったというだけのことかもしれません。

お礼日時:10/31 1:45

その他の回答(9件)

0

ドイツが勝つこと前提に考えての開戦です。 工業技術もそうですが生産力もない日本が 米国相手に勝つのでなく、良い条件での講和を望んでました。 日本が勝つならばドイツの敗戦理由を調べた方が良いです。 ロシアへの宣戦布告は大きな駄作にしか感じません 逆にロシアを引き入れたら勝機はあったんじゃないかな。

0

USAは、WWⅡの最中でも、それ以前でも~敗北 負け!を知らない大国! ましてや~東洋の小さい島国、しかも~白人種ではない 黄色人種での国 日本国と早期講和ではね。 USAでの威信(ステイツ)プライド(誇り)等でもね。 で~USAでは、あえて~バカ?正直での戦火と被害規模 での早期公表、報道もしなくてやらなかった!のでね。 国内での戦意低下への、大懸念! 硫黄島攻防戦では、約2万5千人も死去 沖縄戦では、5千人以上も戦死者! 戦争の継続履行化は、若い!男でのUSA国籍での 者が戦死で減る!早く戦争を終わらせる!等でもね。 別の事で、困る!事も生起となるのでね。 日本と講和または和睦!外交交渉での面で、あえて 引いて勝つ!無理・・・譲歩 借り?貸し? その事自体が、ある意味では 非戦でもね。 外交上では、負け!とみなす国も多々! 国内外でも大影響度!大国USAに対して、反抗?的な 中小国での増加につながれば!世界規模での混乱の生起! ガ島での攻防戦で、第一次ソロモン海戦で 三川艦隊が、敵艦隊を撃破!の後に・・・ 敵の航空戦力からの攻撃を、大懸念! ソロモン海の日の出の時間は早い!航空機の 航続距離、作戦行動関係と、鑑の速度! 残った!敵の補給艦を攻撃するのは、好ましくない! でも、鳥海の艦長をしていた、早川大佐の 意見具申を聞いていたら? 敵の補給艦!攻撃で沈めて、上陸した 米海兵隊へと 各種!物資補給が早期に枯渇! 陣地構築も大低下! 日本軍での再占領を許して?いたのかも・・・ でも!仮に~そうなってもね。 早期講和での外交は、無理!

0

米は英支援が目的ですから、英を弱らせて、英と日本が講和するのが、戦略でしたね。 となると、ターニングポイントはセイロン沖海戦ですね。 ここで圧勝してたら、英と講和出きる可能性がありました。 考えても見てください。 プリンスオブウェールズ、レパルスが沈み、開戦3ヶ月でシンガポールが陥落したんですよ。こんなことを想像していた欧米人はまずいません。さらにインド洋を制するイギリス東洋艦隊が壊滅したら、世界は震撼するでしょうね。 僅か5ヶ月で、アジア全面から、イギリスが駆逐されるなんて、誰も想像出来ません。チャーチルの心理的負担はMAXでしょう。米よりも、英の厭戦気分が盛り上がります。 インド洋を抑えられると、イギリス最大の植民地のインドからの利益が入ってきません。こうなると独英戦が怪しくなるわけで。 日本にとっては、 米英→インド→蒋介石 米英→イラン→スターリン 米英→インド洋→アフリカ戦線 米英→インド洋→豪 の補給線を潰せます。

最初の基本戦略通り、英豪蘭との戦闘に終始するべきでしたね。 ミッドウェー、ハワイ攻略を捨て、インド洋、珊瑚海海戦に空母6隻を投入するべきでした。

0

①ミッドウェーで圧勝すると次はハワイ攻略です、しかしアメリカは最悪ハワイ放棄も考えています、日本はハワイ以降に攻勢はとれません、西海岸は遠すぎます。 ガダルカナルで圧勝しても次はオーストラリア方面でアメリカ本土は手付かずです。 アメリカは軍備の大増産中で後1年待てば余裕で反撃できます、人口は日本の約倍東西で2正面作戦が出来るのです、厭戦気分など単なる日本の願望でしかありません。 ②「もし日本が最終的に勝つ可能性があったとしたら」、残念ながら戦艦大和が宇宙戦艦ヤマトだったらと同じでもはや妄想レベルです、その続きは各自が好きなような結果を求めたら良いかと思います。

0

油田が欲しかっただけなので、攻めただけです。 天皇は、戦争自体を嫌っていて早く終結したかったので。 ただ、日露戦争で勝利し負け知らずだったので世界を舐めてたんでしょう 枢軸は一応同盟国でしたが、表だけで日本の事は相手にしてませんでした 本当に同盟国なら、ドイツの戦車が日本にあってもおかしくないですよ 日本には、古い潜水艦を少し分けてもらってただけ。 仮に枢軸がアメリカに勝利したら、次は日本を攻めてたと思います