茶道について勉強している外国人です。 (日本語下手ですみません。) 茶道の世界で各月、話題にすることがあるのか知りたいです。

茶道62閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

本当にありがとうございます!

お礼日時:2020/10/30 2:01

その他の回答(4件)

0

日本は季節の変化に恵まれており、それを敏感に感じ取る事が茶道の世界でも大切であると考えられていますので、先ずはご自分で感じる季節感を中心に掛物、お花、お点前のお道具の取り合わせ等をお考えになっては如何でしょうか? 私は茶道は知識よりも自分の肌で感じ取る事が大切ではないかと思います。 何月にはこれこれ等と暗記しても、あまり面白味を感じません。 落葉の季節には吹き寄せのお菓子を使ってみようとか、そろそろ柚子の実が黄色くなってくる頃だとか季節を感じさせるものは私たちの周りに満ち溢れています。 茶道の行事も暦と関連するものは色々ありますが、その多くは旧暦(太陰暦)を参照するようになっていますので、現在私達が使用している暦(太陽暦)とはズレがある場合が多いので若干注意する必要があると思います。

0

茶道独特の季節しきたりがありますが、ここで全体像を書くのは大量となり、執筆時間も長時間必要です。茶道の関係の書籍を見つけるのが良いと思います。ただ出発点(形式的な勉強の段階)としては良いですが、茶道関係書で紐解くと、基本的なことは把握できますが、形式重視になる傾向があり、茶人自らの、独自性のある話題を茶席での対話に出せません。これは茶道の本義ではありません。 多くの茶人は季節変化を社会経験で自然と体得していきますが、大変良いあんちょこがあります。俳句歳時記という本で、色々な出版社から発行されています。この本に季節の話題が満載されています。ここから話題を拾い出していけば完璧です。 序でながら、質問者の日本語は日本人と全く変わるものではありません。

0

ありますよ。月ごとのお茶事がいろいろありますから。 例えば、立冬の日の炉開きの茶会。これは初めて炉を開き、畳表や障子を新しく張り替えたりもします。だから10月の終わりになるとその話題がでますね。 月ごとに決まった茶会がありますから、その前になればその話題がでますよ。あとは季節ごとで茶碗や軸だって変えますからその話題も出るし、花は当然月ごとに変えますので、その話題もでます。