バクテリア増殖の仕方を教えて下さい。

アクアリウム52閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さっき測ったら、phは中性、アンモニアはほとんどなし、亜硝酸ほとんどなし、硝酸が若干あるが注意するほどではない。再度、写真をつけて質問します。

お礼日時:10/29 16:41

その他の回答(4件)

1

バクテリアを増やしたいのかミナミヌマエビを死なせたくないのかどっちでしょうかね?当たり前の話ですが、ミナミヌマエビというか水槽に入れる生体はいわゆる硝化バクテリアが全くいなくてもすぐに死んだりはしません。例えばアンモニアが過剰に溜まればアンモニア中毒で生体は死ぬことになりますが十分にアンモニア濃度が低い状態であれば死ぬことは無いんです。今の水換え頻度と水槽の大きさエビの数からしてアンモニア・亜硝酸などで死ぬ可能性はかなり低いと思います。毎日大量の水換えをするのも問題があると思いますし、死ぬのは多分別の原因があると推察します。普通に水槽管理していればバクテリアはあと2・3週間あれば勝手に増えていきますから心配しなくても良いです。バクテリアが上手く働いてくれているかどうかを確認するには水質試験をする必要があります。最初は亜硝酸が増えていきやがて亜硝酸が検出されなくなり硝酸だけが出るような水槽になればひとまずOKです。2カ月程度たっても亜硝酸が出続けていればろ過不足や過密飼育の可能性があります。 ミナミヌマエビは水槽に10匹も入れておけば調子が良ければ3か月後には10倍に増えていいるようなエビですから無駄な出費はとりあえずやめておいた方が良いですよ。

1人がナイス!しています

1

当然ですが水道水にはバクテリアがいません 塩素入ってますから。 バクテリアは水中よりもフィルター、ろ材に定着するものとはいえ、毎日半分も水換えしてバクテリア入りの水を捨てていては、定着が遅れるのは当たり前です。 また、バクテリアが増えるまでは生物の数は少なく抑え、少しづつ増やすものです。いきなりたくさんの生き物が入るとアンモニアを分解し切れず、生き物が死んでしまいます。 そして、ミナミヌマエビはヤマトや他のシュリンプよりは丈夫な部類ではあるものの、甲殻類は魚よりも水質変化、水質悪化に弱い生き物です。 なんというか、事前に調べられたのかなと心配になります。

1人がナイス!しています

1

根本的に間違ったことをしておられます。 生体は少数から始めないと一気にアンモニア濃度上がって しまいます。 少数から始め、様子を見ながら少しずつ追加していくのです。 てか、ミナミならそんなに追加しなくても勝手に増えて 行きます。 自然な繁殖に任せるのも良いかと思います。

1人がナイス!しています

1

毎日の水換えを続けるとバクテリアが繁殖するのは難しいですね。 最初の週は2日に1回、1/3の量を水換えして、水質悪化を防ぎながらバクテリアを増やしていきます。 2週目は水質検査の結果を見ながら徐々に水換え頻度を下げます。 アンモニア、亜硝酸が検出されなければ立ち上げ完了です。

1人がナイス!しています