鬼滅の刃無限列車編ネタバレあり!

アニメ | コミック810閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ラストバトルはもっとやりようがあったと思います。煉獄さんが死ぬ前提の設定なので違和感がある戦いでした。 前評判から煉獄が死ぬことが分かっていて泣ける、感動すると煽りがすごくて刷り込まれてなんか逆に泣けませんでした。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

偏った意見が多い中1番共感できる回答でした。 世間に右へならえで泣けた、感動したって言う感想しか出てこないのはある意味で幸せですよね。

お礼日時:10/31 8:44

その他の回答(2件)

0

私も全く感動しませんでした。 アニメのみ、原作は読んでません。 炭次郎の夢ですが、あの演出、他の作品で全く同じものを見ました。 私の気のせい?と思ってたのですが、後日知人も同じこと言っていたので間違いないと思います。 そこで一気に冷めてしまい、家族とのやりとりもありがちだったし、煉獄家も同様。 ああいう家族演出、ありがち。 原作は読んでいませんけど、まーそうだよね。という感じで先が読めました。 煉獄を売りにしてるわりに前半は寝てるだけ。 そのわりに前半が長いし、そこで終わってしまった方が良かったのに、上弦が急に出てきて、そこからまたダラダラ。 ピークが2回に分かれてしまい、映画としてまとまりがなかったです。 鬼滅の刃自体は嫌いではありませんが、映画としての評価はお金と時間返せレベルでした。 原作から部分的に切り取っただけだからまとまってない。 大画面で鬼滅を観たい人だけが満足してるように思います。

6

感動しましたけど <煉獄さんの過去が薄くそこまで感情移入できなかった 父、弟、母との絡みがあれだけ描かれて「薄い」というのはよくわかりません <最後の戦いも感動させるために死に急がせてる感がある 上弦の参と戦えばああなるのは特段不自然には感じません <煉獄さんが死んで3人が異様なほどに悲しんでいる 仲間の死というだけで悲しむのは当たり前なのに、それも自分達を庇ってくれた相手が死んだら悲しむのは当然ですし、自分達の能力不足を痛感させられたのですから悔しいのも当然でしょう <最後に関しては煉獄さんと伊之助と善逸は初対面なのにあそこまで泣きじゃくるのはわざとらしすぎる 上記の様に初対面だろうが自分達を守ってくれた人に何も恩返し出来ず死なせてしまえば悲しくて悔しいのは当然なので、わざとらしいというのはよく分かりません ということで、貴方の感覚には共感出来ませんね。まあどう感じるかは個人の自由ですが。

6人がナイス!しています

上辺だけしか見てないとそう言った感想しか出てきませんよね。 前評判から煉獄が死ぬ、悲しい、すごい感動すると刷り込まれてれば誰でも感動しないといけないと思ってそーゆう目線でしか見れなくなります。 上弦が出てくるから下弦が弱すぎましたよね?あんなに強い眠らせる血鬼術が中途半端に破られる。列車と同化したのに攻撃が単調 煉獄は思い出でで家族思いで正義感が強いと説明したいのに手負いの仲間を先に逃がさない。煉獄が死んだら全滅しててもおかしく無かった。 突っ立たせて最後の感動の煉獄の死に目に居させるためですよね? あれだけの戦闘で無傷の善逸とねずこが気を失ってて何の役にも立ってない。 それも全員揃って棒立ちは絵的にダメだから。 全てが煉獄を死なせるための演出なのが見え見えで違和感が多いんですよ。 最初から泣くために見に行ってる方には分からないかもしれません。