ID非公開

2020/11/4 22:53

44回答

最近は何かと「環境対応」という言葉を聞きますが、

地球温暖化 | 政治、社会問題27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/11/9 22:33

ありがとうございます。 大変詳しい説明ありがとうございます。 結局は、Co2は直接温暖化には関係ないということですかね? 何かの利権が絡んでいるんでしょうかね?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/12 10:29

その他の回答(3件)

3

→ 『IPCC温度モデル仮説の排出CO2での!』は既に理論破綻状態ですね!GHGs類での(地球)温暖化現象は無いのです。 地球平均?での温度に近い状況?は、こういう風になってるはずと考えたいの出すね!これでしょうね!ですよね!ですよ!

画像

3人がナイス!しています

0

氷期間氷期のサイクルにもCO2濃度の変動が影響します。 CO2濃度が高いとそもそも氷河期にならないことが考えられます。 氷河期になった原因のひとつがCO2濃度の減少なのです。

1

平面的な空間においては温室効果ガスにはいわゆる温室効果はあると思います。それでそのような名称がつけられたのではないかと想いますが、地球大気中のいわゆる温室効果ガスには、いわゆる温室効果なるものはありません。 本物の温室効果は、大気構成のガス(窒素や酸素・その他)の総ての分子が温室効果を発揮しています。もし地球の大気に水や水蒸気がなかったら、地球は金星のように極めて高温状態になってしまうと考えられます。 しかし、地球の表面は水で覆われ、大気中には水蒸気・水があって、それらにも温室効果もありますが、それよりも前記の高温地球を冷却する効果の方がずっと大きいです。そのおかげで、地球上の生物は広範囲に生存していけるわけです。 で呼び方が良く分かりませんが、どうも地球には高温期と低温期があるようです。で、いわゆる氷期と低温期が一致してるはわかりませんが、今は地質年代では新生代の第4紀であって、その期間は氷期と間氷期を何回もくりかえしており、今は間氷期の時代です。 ところが最近地球温暖化によって地球の平均気温が上昇していると言われています。ただ、間氷期がおわって、寒冷化に向かっているという方もいます。私は今のまま、適切な防止策をしていかないと、地球は更に温暖化すると思います。そして、ある程度行くと急に高温期になってしまうのではないかと思います。極めて深刻だと思います。

1人がナイス!しています