地球温暖化の原因が人間社会の出す二酸化炭素って信じられますか?

地球温暖化 | 政治、社会問題46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

わかっていただきたいのは、CO2は地球温暖化の原因物質とは、かんがえられまてん。ということです。 各国の利害・経済、政治家のメンツのため?非常に身勝手な、不公平な「発生源」の特定方法によって、本来の地球温暖化の、科学的な真犯人探しが置き去りにされてはいませんか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/12 19:01

その他の回答(2件)

4

→ いわゆるIPCC温度モデル仮説というのは、既に理論破綻状態に至ってるのですよ!CO2ででは無いのですね!本当です。

画像

4人がナイス!しています

0

産業革命以前の平均の280ppmから、現在は410ppmに上昇していますが、その大半は化石燃料の燃焼によるものです。 人間も呼吸でCO2を出し、化石燃料由来のCO2の1割に匹敵するような量ですが、 呼吸で出すCO2はもとを辿れば光合成によって植物が大気中から吸収し、蓄えた炭素です。 このように、排出量がいくら多くてもそれが呼吸のようなものであれば、元は大気中のCO2なので濃度の上昇は起きないのです。 北半球のCO2濃度の変動を見ると冬にCO2濃度が上昇して、夏に減少しますが、 植物が春から夏にかけてCO2を吸収して育ち、冬に枯れると、微生物に分解されてCO2を排出するため、季節変動があります。 自然界は放出量が多い分、吸収もするのです。気温が一定なら吸収と放出が釣り合うことが分かっています。 化石燃料や植物に含まれるCO2にはC-12という炭素の割合が多いことが分かっています。 下記リンクを参考になさってください。 https://www.cger.nies.go.jp/ja/library/qa/22/22-1/qa_22-1-j.html

画像