病気などを理由に、欠勤を続けた場合、産業医や、主治医の、休養して治療が必要などの診断書、意見書などがあっても、

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

勤怠不良を含めての、「業務不履行」の方だね。しかも、休養して確実に回復する見込みがあるならいいけど、こういう心配をしている人の大半は、それが無い。だから余計に面倒。