R35 GT-Rは2007年モデルから存在しますが、古いモデルの車体でも走行性能はさほど差はないのでしょうか??

自動車 | 中古車58閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!!

お礼日時:2020/11/26 11:05

その他の回答(3件)

0

前期モデルの場合様々な所に問題が出ていますが、修理済みも多く有りますが、売却前は問題が出ていない車両も有りますので、その場合大きなリスクが有ります 又前期中期後期でそれぞれパワーは結構違うので当然加速感もそれなりに違います 安心して乗れるのは後期ですが、最低でも900万近くしますので予算次第だと思います 又、新車から3年目まではメーカー保証と、5年目まではエンジンとミッションのみですが特別保証が有ります 但し条件として中古なら保証継承をしているか、していない場合はNHPCにて12ヶ月に準じた点検(約6万円)を受ける必要が有り、指定オイルでは無い場合オイル交換が必要でエンジンとエレメントで3万強 ミッションもなら+7万程度が必要になります 又、保険会社によっては車両保険に新車割引が5年間適用される所も有ります 因みに私の場合MY17なので来年まではオールリスク920万の車両保険で年間8万円位が5年目以降は880万に下がるのに保険代は1万弱アップするとの事です ただ後期の場合社外パーツが意外と少なく、騒音規制も厳しくなっているので例えばマフラー交換しても車検適合なら純正と大差無いので、パーツ交換したい人なら中期の方が良いかと思います

1

先の方が仰る通り2010年以前の物はトランスミッションに 問題が有るようですよ。

1人がナイス!しています

4

2010年式以降の方が故障に対する対策がされていてオススメらしいです。 走行性能は年式が新しくなるにつれて年次改良がされているので新しい方がいいですね。

4人がナイス!しています