CO2が年平均量に反映されるまでの期間について質問です。

地球温暖化25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:2020/11/18 22:07

その他の回答(4件)

1

2019年の岩手県綾里と沖縄県与那国島のCO2濃度は415ppm。 2019年の世界のCO2濃度は409ppm。 綾里と与那国島が409ppmだったのは2016年ですから、世界平均は3年遅れです。 南鳥島は綾里、与那国島と比べて1年遅れです。 http://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/ghgp/co2_trend.html 二酸化炭素濃度の推移 綾里 与那国島 南鳥島 世界

1人がナイス!しています

1

大気の混和速度がどのぐらいかということだと思ますが・・・ 二酸化炭素について濃度が継続的に測定されるようになったのは、1958年(ハワイのマウナロワ山頂)からです。 グラフ: https://www.esrl.noaa.gov/gmd/ccgg/trends/ 数年前からは、日本の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」によって、直接観測が行われて、どこでco2が発生して、どのように広がっていくかが、分かるようになってきました。 https://www.eorc.jaxa.jp/earthview/2020/tp200203.html さて混和速度ですが、地表では平均10m/sの風が吹いています。これが高度100mになると、20m/sになります。 これが偏西風ジェットになると、200㎞/h(55.6m/s)にさえなります。 時速100kmでも1日で2400km、20日もしないうちに地球を1周する。 マウナロアのデータでも、陸地が多い北半球の季節変動が現れている(北半球が夏を迎えると植物が光合成でCO2を取り込むので、濃度が下がり、秋になると濃度が上がる。この季節変動でも半月か1か月ぐらいの遅延があるようにも見える。

1人がナイス!しています

1

大気中のCO2濃度は世界各地の大気から採取されて、その平均値が産出されるまで一年程度の様です 気象庁二酸化炭素濃度の経年変化 https://ds.data.jma.go.jp/ghg/kanshi/ghgp/co2_trend.html そう言う技術がますます発達してきているので採取、集計、公表のサイクルは短くなっているのです BPと言う企業があります。いわゆるエネルギー関連の多国籍企業ですがエネルギー関連の統計算出事業もやられて信頼度が高く引用も非常に多くされています https://ja.wikipedia.org/wiki/BP_(%E4%BC%81%E6%A5%AD) BP統計によれば 世界のCO2排出量は、化石燃料の燃焼に使用する消費量から産出された数字で表されます。セメントを使用してもCO2は排出されますが、統計が困難なようです。セメントの生産量は把握は出来る様ですが使用量までは不確かなものがあり、土木工事の明細は世界全体の細部までは把握できないのではないかと思われます また化石燃料の統計でほぼCO2排出量の殆どを占めると思われます。 これも2020年では2019年までも各国別の排出量が算定されています 他に権威ある統計としてIEAがあります。実際に出す数字は殆ど変わりませんがこちらは公表されるのが2年ほど遅いのです こちらも化石燃料の燃焼=CO2排出量としています 数字には若干の差がありますがBPでは出していない部門別の排出量が公表されていたりします https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E6%A9%9F%E9%96%A2 実際に個々の統計数字を使いたいなら、グローバルノートと言うサイトが一番便利ですが、月額700円かかります https://www.globalnote.jp/ グローバルノートはBPとIEA両方とも引用する事が出来ます 安いと思いますよ

1人がナイス!しています

大気中CO2濃度とCO2排出量の区別すらわかってない連中の回答など無視しても良いでしょう CO2排出量の6分の1以上は地球に吸収されず毎年大気中に残って行きます。これが現在2.5ppmにも達し、重量換算すれば50億トンにもなるはずです なお石炭、石油、天然ガスとも年収したら2倍、1.8倍、1.6倍のCO2になります。従って石炭から天然ガスに変えるとかなりCO2は減りますが、根本的解決にはならないのです

6

→ 大気中に存在してる状態を、検出するのですから!そこにあればCO2濃度に反映できるでしょうね! 木村教授の講義では、排出されたのが地球半球へ広がるまで約数ヶ月(6ヶ月?)全球へ広がるまで約1年??程度と語ってますね?

6人がナイス!しています

→ 上記回答?の、「カカか???」ってのは、回答内容ペケですよ!あんな似非科学のを聞いてちゃあああいかんですよ!似非科学を振りまくのは犯罪行為なんですよね?ですよ!犯罪です。