回答受付が終了しました

プロセカの「初音ミクの消失」とガルパの「6兆年と一夜物語」皆さん的にはどちらの方が難しいと思いますか?

1人が共感しています

回答(5件)

0

私は消失MA>>>>>>>>>>>>>>>>>>六兆年EX>消失EX>六兆年SPだと思います 最高難易度で比べたら圧倒的に消失ですね…序盤すら抜けられない 同じ難易度EXで比べると、判定が難しいですが私は六兆年に軍配が上がると思います 六兆年の1番難しいところは27~28相当のサビを抜けた後にある発狂譜面です 消失EXの難所らしい難所は序盤と終盤の連打くらいで、慣れれば簡単に思える程なので六兆年の方が難しいと思います 六兆年SPと消失EXだと消失EXですかね 六兆年SPはEXにあったサビ後の発狂譜面が少し簡単になっているので

0

全難易度、初音ミクの消失の方が難しい気がしました

0

ガルパにはMASが存在しないので同じ29レベルのEXで比較します。 六兆年は難所が終盤のみで序盤〜中盤の譜面は27レベル程度のように感じます。 消失は難所が複数あり、曲の時間が長く疲れてきた時に終盤の追い打ちがあるのでしんどいなという感じです。 僕個人としては六兆年も消失もすぐにAP出来たので難しいと感じたことはないです。 どちらかと言うと消失かなと思います。

0

初音ミクの消失、Master プレイヤーは皆人間卒の強者ばかりです。 六兆年は人の私ができるので、優しいです。

0

どちらもエキスパートで比較したらダントツで六兆年ですが、マスターの消失と比べたら消失の方がダンチですね。 六兆年はまだ余裕を持ってできますが、マスター消失に関しては息つく暇もないですからね。クリアした頃には目は充血して痛いし、酸欠になるし、手は痛いしで三重苦です(笑)。