ID非公開

2020/11/12 0:09

44回答

年末調整の給与所得者の基礎控除申告書の収入金額は大体の見積もりで構いませんよね。

税金6,913閲覧

14人が共感しています

ベストアンサー

22

22人がナイス!しています

その他の回答(3件)

7

手取りの金額でなく、もろもろ引かれる前の給与総額から通勤費の非課税分 を除いた額を合計することになります。 とはいえ、一部の高額所得者以外は大体の見積もりでかまわないですし、 控除額が変わらない限り、見積もりが違っていても訂正の必要はありません。 所得金額は申告書裏面の表をもとに計算してください。 基礎控除の額を書くことをお忘れなく。

7人がナイス!しています

5

11月12月の未来の収入も含まれるのだから見積額を予想することになる。 手取りとか細かいことを考える必要はなく、これぐらい欲しいという希望を込めて書くのもあり。 給与収入6,777,778円、給与所得と合計所得金額5,000,000円、区分ⅠはA、基礎控除の額を48万と書いておけば意外となんとかなる。

5人がナイス!しています