ID非公開

2020/11/12 23:22

33回答

免許更新の講習会が明日朝なんですけど、

大学 | 学校の悩み28閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2020/11/30 13:44

その他の回答(2件)

0

☆2005(平成17)年に、 保育士の専門学校で、厚生労働省が指定した保育士必修科目のうち、2科目の授業を、1回もやらなかったのにもかかわらず、 書類上、全ての科目について、きちんと授業をやったとし、 学生に単位を与え、保育士の資格をとらせて卒業させていた。 ・・・というインチキやっていた学校があったことが発覚し、 大騒ぎになりました。 →そのため、 文部科学省と厚生労働省は、2006(平成18)年4月から、 「大学や短大の授業は、 講義2単位・実験1単位・実習1単位につき、最低でも必ず15回以上授業を行うこと。 毎時間、何らかの方法で、必ず、学生の出席状況を確認し、15回のうち、10回以上出席した学生にのみ単位を与えること。 出席回数が9回以下の学生には、出席不足として単位を与えないこと。 出席回数が9回以下だが、試験やレポートの内容が良いので単位を与える、ということは、一切禁止する」 「大学や短大の授業は、 講義4単位につき、最低でも必ず30回以上授業を行うこと。 毎時間、何らかの方法で、必ず、学生の出席状況を確認し、30回のうち、20回以上出席した学生にのみ単位を与えること。 出席回数が19回以下の学生には、出席不足として単位を与えないこと。 出席回数が19回以下だが、試験やレポートの内容が良いので単位を与える、ということは、一切禁止する」 「大学や短大の授業は、 講義1単位につき、最低でも必ず8回以上授業を行うこと。 毎時間、何らかの方法で、必ず、学生の出席状況を確認し、8回のうち、6回以上出席した学生にのみ単位を与えること。 出席回数が5回以下の学生には、出席不足として単位を与えないこと。 出席回数が5回以下だが、試験やレポートの内容が良いので単位を与える、ということは、一切禁止する」 「何らかの理由で、14回以下(7回以下・29回以下)しか授業ができない場合は、 ・補講を行い、15回以上(8回以上・30回以上)になるよう調整する ・休みとなった授業の分、学生にレポートを提出させ、授業の代替えとする (例)担当教員が入院してしまい、7回授業ができなかったといった場合は、 学生に7つレポート課題を出し、レポート提出をもって、補講の代わりとすること。 その場合、レポートを1~6つしか提出しなかった学生や、レポートを一切提出しなかった学生には、単位を与える必要はない。 などの対応をとること」 「教職科目などの、資格取得に関する科目については、15回(8回・30回)全て出席した学生のみ単位を与えること。 1回でも欠席した学生については、やる気がなく資格をとる気がないとみなし、単位を与えなくて良い」 ・・・といった、かなり細かい基準を定め、 日本全国全ての大学・短大に、この基準を守るよう、指示しました。 →ですから、 今は、大変厳しくなっていますので、 科目によっては、 たったのわずか1回休んだだけで、単位がとれなくなります。

0

現在大学生です。 そんなことは通常はありません。基本的には5回よりも休んだ方は問答無用で落単です。 けれどやむを得ない事情でない限り休むと成績に関係してきます。 免許講習がそれに当てはまるのかどうか分かりませんが、1回だけで落とす教授なんてなかなかいないかと思います。 1度でも休むと成績に響くとは思いますが、1回なら大丈夫かと思います。 もしこれで落とされたら教務課や学生課に取り合ってみると良いと思います。