61才。腰部脊柱管狭窄症で酷い坐骨神経痛です。平日はロキソニンを服用して仕事をしてますが、ロキソニンの長期服用には不安があります。

病気、症状156閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2020/12/3 6:47

その他の回答(1件)

0

その痛み、お察しいたします。 私はその痛みに5年位耐えて、薬やブロック注射、コルセットや電気治療などを試した結果、何も変わらず、、、薬でお腹をやられたのでもう嫌になり手術を決断しました。 結果、痛みのない生活を手に入れました! 背骨を削って、狭窄してぺったんこになった神経をぎゅうぎゅうと戻してすき間を作り、そこに医療シートをかぶせて、脆くなった背骨をボルトでしっかり止めて工事しました。 術後は酷い痛みでしたが、あ~ら不思議、5か月後に痺れも痛みも1割くらいになり、スタスタと渋谷のスクランブル交差点を渡りきる自分が嬉しくて、駅もエスカレーターよりも階段を使ってみたりして、歩くことの素晴らしさを実感しています。 治療法に満足がいかないようでしたら、色々な病院で整形外科学会の認定を探すジプシーになっても良いと思います。 私も質問者さんと同年代ですが、まだ20年ほどは生きていくのに、歩けないのは辛いです。メンテナンスさえすれば、今の医療は捨てたもんじゃないですから、頑張ってくださいな。興味があれば術前から術後までの経過をブログにまとめてます。