ID非公開

2020/11/17 23:51

44回答

長崎県の私立海星高校がいじめを苦に自殺した生徒の両親に「突然死にしないか」と提案した上、私立校を監督する長崎県学事振興課も「突然死までは許せる」と追認していたことが17日、遺族側への取材で分かった。国の

補足

県学事振興課の男性参事(現県立高校長)が「突然死までは許せるけど、転校というのは事実と反するので(武川氏)は言うべきではなかった」と発言。また参事は「全校保護者会を緊急でやる必要はなかった。亡くなった事実が広がっていないので」などと学校側を擁護していた。 当日の参事は「担当を外れ、コメントをする立場にない」、県学事振興課の担当者は「当時の参事は発言を残しておらず、本人に確認しないと意図は分からない」と述べた。 完全に逃げ切る模様です。 はたして、中村法道知事がこのままうやむやにするのか? 武川真一郎氏とは、当時この発言をした教頭であり、現校長です。 こんな参事が勤務している県立高校も同様に通わせたくない、そう長崎県内の高校に安心して通わせられる高校はないのではと私立だけでなく県立高校も 遺族側の録音データが残っているので、何とか進展を期待するばかりです。 学校側は、共同通信の質問状に早く回答しろ

3人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どーなってるんでしょうか?嫌になってきますね。

お礼日時:2020/12/2 23:20

その他の回答(3件)

3

そのような学校は廃校、監督する立場の組織も解体ですね。 教育者以前に、人間ではありません。 私がその両親の立場なら、そういうことを言われた時点で、その人間を半殺しにしています。

3人がナイス!しています

4

少なくとも教育者ではありません。 人間としての心も危ういです。 通わせたくないと思います。

4人がナイス!しています