回答受付が終了しました

ID非公開

2020/11/18 0:43

55回答

A ➡ B ➡ C ➡ D ➡ E (振出人) (所持人)

補足

手形の遡及を入れて説明してほしいです

法律相談 | 会計、経理、財務55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(5件)

0

Aが振出(支払)人、Bが受取人、その後、B➔C➔D➔Eと譲渡されEが満期日にAに支払呈示をし、Aが支払拒否(不渡)したとういうことになります。 これはEがDに遡求することになります、遡求とは裏書とは逆の順に前の裏書人にそれぞれ支払請求するものです。 >この場合のEおよびB・C・Dの資金関係を説明してほしい・・・・ 資金関係というより、各裏書人は遡求して手形金額を受領することになり、BはCから遡求され支払することになります・・・・ Aは支払できなかった訳ですからBがAに支払請求しても手形金額を受領できないことになります。 以上は、不渡理由が残高不足であったとして回答しています、不渡理由には物的抗弁とか人的抗弁がありますから、回答とは違うケースもあります。

0

資金関係って? 裏書の連続があるんだから、B→Aに資金が渡り、C→Bに資金が渡り、D→Cに資金が渡り、E→Dに資金が渡っていると見るのが普通じゃないの? 期日前だからたぶん割引はされてると思うけど。 何が聞きたいのか質問意図が見えない。

0

「Eは満期日にAに支払呈示をして手形金の支払いを請求したが、」これは有り得ない。手形は銀行で換金する。EがAに直接請求することはない。

1

質問の意味がわからないのですが、 >Eは満期日にAに支払呈示をして手形金の支払いを請求したが >Aから支払い拒否をされた 通常 手形とは、EがAに対し請求するのではなく、Eが銀行へ持ち込み、手形交換所を経由してAの当座預金から手形に記載された代金が引かれて、現金化されるものなので、銀行経由せずにEが直接Aに支払いの請求など通常はしないはずですが、どういう状況なのでしょうか? 不渡りを出した後の話ならば、「手形の遡及」「最遡及」というものが行われます。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/11/18 10:46

手形の遡及をした場合はどうなるのでしょうか?